フェンリル

Developer's Blog

Lean UX – UX(User Experience)デザインの手法

こんにちは! デザイン部の チェルシー (Chelsey) です。今回は Lean UX という UX デザイン手法についてご紹介します。

Lean UX
Agile UX もはや新しくはないのですが、特に中〜大規模の企業には、この手法はあまり浸透していないように感じます。

ぜひ、この手法を学んで、新しい解決方法や、開発にいかしてもらいたいと思います。

この内容の説明に、下記3つのサイトを引用します。

Lean UX vs. Agile UX – is there a difference?
Lean UX is not just for lean startups
Lean UX: Getting out of the deliverables business

良ければ是非原文も読んでみてください。

Lean UX Vs. Agile UX


UX
の世界の中には多くの用語が存在します:


IxD (Interaction Design), IA, UCD, CX, Lean UX, Agile UX, emotional design etc.

確かに、この用語たちには様々な違いがありますが、往々にして、ただの buzzword で、誤解を招く可能性も高いです。

Lean UX という手法が編み出される前に、Agile UX(Agile というプロジェクト管理手法)が既にあり、今では Lean UX と Agile UX は同じものだと思っている人がいますが、実は、違う手法となります。

2つの手法をわかりやすくまとめた図がこちらです。

Lean UX とは、いかに効率的に生き生きと力強く立ち上げを行っていくか、その手法とその実践的な活用法について述べられています。

(build – measure – learn: 作る -> 測る -> 学ぶ)という一連の学習ループを繰り返し行うことで、製品開発とビジネス構築を共に行なっていきます。

Agile UX は、Agile Software Methodology に UX というデザイン手法を組み込んだものとなります。

Agile UX の究極の目的は、いかに開発者とデザイナーが一緒に Agile という製品開発手法に取り組んでいくか、ということになります。ソフトウェアの開発において、特に Agile 方式は人気があります。そのため、Lean UX に取り組んでいるチームも、たまにはソフトウェア開発を連携させていく過程で、Agile 方式を使っているようです。

これまで、UX デザインは成果物を対象にされてきました。
成果物とは、ワイヤーフレーム、サイトマップ、フロー図、コンテンツインベントリ、タクソノミ、モックアップ、そしてさらに「指示書」がまさにこれにあたります。

UX デザイナーは、最終的な experience 」をデザインや開発するのではなく、ドキュメントの品質について最も詳しいドキュメントの専門家になりました。Lean UX は、成果物については重きを置かず、設計された実際の経験に重点を置いて、仕事の本質をより早く軽くする手法です。

伝統的な資料を捨てるか、または、必要不可欠な情報だけを提供することになります。User Experience、実現可能性、範囲、一般的な設計方向の話はデザインプロセスの中では、早い段階で議論の対象になります。目指すべきデザインに向かって、

1ピクセルにこだわる前に、ラフなデザインを作って、チームで相談します。

そうすることで、チームのメンバーは、目指す方向性を意識しながら、より早くどう目指すか計画的に進めて行けるようになります。


しかしながら、最終的な Lean UX の一番大事なポイントはビジネスと開発共にデザインするです。

どうすれば、中〜大規模の企業のチームが、このLean UX 手法を取り入れて行けるのか、次にもう少し詳しく説明します。

中規模や大企業での Lean UX 実施

中〜大規模の企業で Lean UX を取り入れるには、まず、チームの足場から固めなければいけません。新しい手法で取り組もうとすることをきちんと決めなければいけません。チームで新しいことに取り組もうと意識すると、これまで話題に上がって来なかったことも議論されるようになるかもしれません。

これまで UI 設計プロセスに参加して来なかったメンバーも、チーム全体から歓迎されるように感じ、さらに積極的に参加しやすくなります。
顧客の強い要望だけでなく、社内からの新鮮な幅広い意見(開発者、プロデューサー、専門家)を生かし、デザインの方向性と意思決定ができるようになります。

Lean UX を取り入れたチームは、早期の設計ソリューションがいかに大切か、証明できるでしょう。デザイナーは、中〜大規模組織の中で、常に新しいことにチャレンジしていく意識が必要です。まず、最初に、チーム内部から、設計への意識を持ってもらうことです。

多くの閉じられた開発環境でも、クライアントと直接話をするような立場の可能性があります。

実際の作業に携わらない場合でも、提案された解決策についてチームで議論することで、よりアイデアを出して提案ブラッシュアップさせることができます。この設計は実現可能かどうか、顧客のニーズに合っているかどうか、議論した結果、クリアになると、その効果を得るための投資は、比較的少なくて済むはずです。

Lean UX の試ししたいなら、まずは、リスクの低いプロジェクトから Lean UX を試してみると、組織の既存の方法論の問題点を感じることができると思います。そして、プロジェクトチームと、その新しいアプローチ方法に与える失敗が、最小限に食い止められるようなアイデアとなることに気がつくはずです。

Lean UX をぜひ一度試してみてください。 


フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

続きを読む

OpenCV 3.2 を Swift のプロジェクトで使って簡単な画像処理をしてみよう!

アプリケーション共同開発部のオスカルです。 iOS エンジニアをやっています。

「次の iOS のため Apple が AR と VR の研究をしている」という噂を聞いたことがあります。みなさんもデジタル世界と現実世界の壁を壊す技術に興味があるのではないでしょうか。理由と関わらずコンピュータビジョンがこれからもっと大事になると考えられます。

現在、たくさんの AR と VR のフレームワークが存在しています。このブログにもこのような記事が投稿されています。

次世代の AR を体験! Tango をはじめよう

Amazon Rekognition の実力を試す

の技術の裏で実際何が起こっているか興味がある方は OpenCV (Open Computer Vision) を使って見てください!

続きを読む

Xamarin のアプリをコマンドラインでビルドする

xamarin_logo

こんにちは。エンジニアの伊藤です。

Xamarin のアプリを Jenkins などでビルドする場合、コマンドラインからビルドしたいことがあると思います。.NET 系のエンジニアには、.csproj ファイルは MSBuild というビルドエンジンのビルド構成ファイルそのものであるというのはよく知られており、これを msbuild コマンドや、xbuild コマンドに与えることでビルドができます。

今回は、Mac で xbuild コマンドを使う方法で、Xamarin.iOS / Xamarin.Android のアプリをビルドする方法をご紹介します。

基本のビルド

続きを読む

C# で AWS Lambda function を作る!

 

こんにちは。

ウェブ共同開発部 辻本です。

昨年末に AWS Lambda が C# に対応しました。

Windows 環境だと簡単に Lambda function が作れるということなので、使ってみました。

続きを読む

Sleipnir 4 for Mac (4.5.7) をリリースしました!

Sleipnir for Mac

こんにちは、Sleipnir for Mac 開発担当の本岡です。

本日 Sleipnir 4 for Mac (4.5.7) Black Edition をリリースしました!
Blue Edition(Mac App Store 版)についても近日中にリリースできるように作業を進めておりますので、ご期待ください!

主な改善点

  • macOS Sierra で、リンクや画像のコンテキストメニューの一部を選択できない不具合を修正
  • macOS Sierra 10.12.4 で、一部のサイトを閲覧した際にクラッシュする不具合を修正

続きを読む

AsciiDoc を手軽にプレビューする方法


こんにちは、エンジニアの宇佐見です。

私の普段の仕事では、多くの時間をソフトウェアの設計やコードの読み書きで過ごしています。しかし、ときには仕様書や報告書のように体裁が整った文書をつくる場合もあります。私はそういった文書を書くときにも、コードを書くときと同じように、プレーンテキストで書くことが多いです。

プレーンテキストで体裁が整った文書を書くときに便利なのが、軽量マークアップ言語のひとつである AsciiDoc です。軽量マークアップ言語といえば Markdown がよく知られていますが、ここで挙げた AsciiDoc は、表形式、画像の配置指定、目次の出力、などの体裁を整える際に便利な記法がサポートされているのが特徴です。また、Asciidoctor による拡張で、各種の作図記法(blockdiag、PlantUML、Graphviz など)を文書に埋め込むことも可能です。

この記事では、AsciiDoc テキストを手軽にプレビューする方法を紹介します。

続きを読む

Sleipnir Mobile for iPhone / iPad 4.3.4 をリリースしました!

Sleipnir

こんにちは、林です。

本日、不具合を修正した Sleipnir Mobile for iPhone / iPad 4.3.4 をリリースしました。

続きを読む

【非デザイナー向け】実は簡単アイコン作成!〜アイコンの分解法〜

こんにちは。デザイナーの田辺です。

UIの仕事をしていると、必ずといっていいほど制作しなければいけないのがアイコンです。デザイン案件で外部のエンジニアの方から、ちょっとしたアイコンを作って欲しいという要望を受けることも多いです。アイコンといえばデザイナーが作るもの、もしくはデザイナーに頼まないと作れない、という認識が一般的かもしれませんが、コツをおさえれば誰でも簡単に作ることができます。

そのコツとは、ズバリ分解です!

続きを読む

Sleipnir 4 for Mac (4.5.6) をリリースしました!

Sleipnir for Mac

こんにちは、Sleipnir for Mac 開発担当の本岡です。

本日 Sleipnir 4 for Mac (4.5.6) Black Edition および Blue Edition をリリースしました!

主な改善点

  • Tiled Tab をピンチインで開けない不具合を修正
  • Tiled Tab から抜ける際にアニメーションしない不具合を修正
  • タブを閉じる際にアニメーションしない不具合を修正
  • クラッシュしていないにもかかわらず、クラッシュレポートを送信する画面が表示される不具合を修正
  • Gmail で、添付ファイルをダウンロードするとファイル名が文字化けする問題に対応
  • ページの表示倍率を変えている状態で、選択したテキストを調べたときの表示がずれる不具合を修正(Black Edition のみ)
  • 「ソースを表示」など、新しい OS により制限されたいくつかの機能を削除(Black Edition のみ)

サポート対象 OS について

なお、最新の Mac に最適な Sleipnir をお届けするために、このバージョンより OS X Yosemite (10.10) 以降の対応となっております。ますます先端的な Sleipnir をお使いいただけますように、お早めの OS の更新をお願いいたします。


続きを読む

try! Swift 2017 に参加してきました!



東京開発課で iOS 開発をしています太田です。業務ではひたすら Swift を触っている今日この頃です。

3 月 2 日 ~ 4 日の3日間にかけて、世界中の Swift デベロッパーが集まり講演やイベントを行う try! Swift が新宿で開催されました。フェンリルからは去年に続き、大阪から4名、東京から6名(私含め)が参加をしてきました。こうした大きなカンファレンスには初参加でしたので、前年度の参加者等から情報を仕入れつつし参加をしてきました。

続きを読む