フェンリル

Developer's Blog

悪質なサイトの攻撃からあなたの情報を守ろう

IEの脆弱性が話題になっています。
マイクロソフト、IE用パッチの即時リリースを検討–悪質なコードの流出に対応 CNET Japan
今回の脆弱性は、IEがウェブページ上で「createTextRange()」というタグを処理する方法に関係している。Microsoftは、ハッカーが特殊なコーディングを施したウェブサイトを作成して、脆弱なPCの制御権を奪うのに同脆弱性を悪用するおそれがあると述べている。

IEのパッチがリリースされるまでは、もう少し時間がかかりそうです。
そこで、Sleipnir のデフォルトセキュリティ|JavaScript の実行を許可 のチェックをはずしておくことで、この脆弱性を回避しておくことをお勧めします。

クイックセキュリティを使えば、セキュリティ切り替えを簡単に行うことができます。
ディフォルトセキュリティは JavaScript を Off にしておき、クイックセキュリティの「クリック時に切り替えるモード」をフルアクセスモードにしておきます。

安心して閲覧できるサイト上で、ステータスバーの「クイックセキュリティ」をワンクリックするだけで、JavaScriptの実行を許可することができます。

また、以下の方法で、個別にセキュリティの切り替えを行うこともできます。

タブの個別設定
アクティブなタブのセキュリティを切り替える事ができます。

お気に入りの個別設定
お気に入りからページを開く際のセキュリティを設定することができます。

IEでも インターネットオプションからセキュリティ切り替えが行えますが、切り替えが面倒なため、セキュリティの意識が薄れてしまいがちです。
Sleipnir のセキュリティ切り替え機能を使って、悪質なサイトの攻撃から、みなさんの大切な情報や、パソコンを守ってください。

関連記事