フェンリル

Developer's Blog

YouTube 閲覧時にセキュリティ切り替えすると発生するエラー

フェンリル サポート担当です。
Sleipnir で Youtube の動画を閲覧中、セキュリティの切り替えを行うと「コンポーネントが
原因で、Sleipnir は動作を停止しました」とエラーダイアログが発生する、とのご報告をいただきました。
フェンリルにて調査した結果、
Trident エンジン(IE6)内でエラーが発生していることがわかりました。
また、Trident エンジン(IE7) + Sleipnir の環境では問題が発生しないことを確認しております。
Trident エンジン(IE6)内で発生しているエラーであるため、
Sleipnir 側でできる対策は現在のところ見つかっておりません。
通常「ActiveX の実行」や「JavaScript の実行」をオフに設定していて、
YouTube で動画閲覧する際はオンに切り替える、という使い方をしているユーザーの方は、
以下の設定でエラーの発生を回避することが可能です。
【設定方法】
1.Sleipnir メニューバーの ツール|URI アクションマネージャ を選択。
2.URI アクションマネージャ の[追加]ボタンを押す。
3.以下のように設定。
URI: [http://*.youtube.com/*]
アクション: [デフォルト]
セキュリティ: [セキュリティ低] または [すべて有効]
UriActionManager_YouTube.png
4.Sleipnir メニューバーの ツール|URI アクションの有効 をオンにする。
上記のように設定することで、YouTube にアクセスする際
手動でセキュリティを切り替える必要がなくなるので、エラーは発生いたしません。
お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

Facebook コメント

コメント

bz2pleasure2007年10月15日 2:21

IE6を使っていたため、指示通りの設定にしましたが、表示されません。また、IE7をインストールしましたが、同現象です。以前は、動画が鑑賞できたのですが、とくにそれから設定はいじっていません。この前のWindows Update以降にこの現象が出てきたと思われます。

teru_20002007年10月15日 9:35

URIは[http://*.youtube.com/*]の方が良いような。。。

フェンリル サポート担当2007年10月15日 15:24

>bz2pleasure さん
今回は、YouTube 閲覧時にセキュリティ切り替えができない(「コンポーネントが原因で、Sleipnir は動作を停止しました」とエラーが表示される)問題に関する対処法の紹介になります。
※なお、Trident エンジン(IE7) + Sleipnir の環境では問題は発生しません。
bz2pleasure さんの環境では動画が再生されないとのことですが、その場合以下をご確認ください。
Sleipnir ではなく、Internet Explorer 7 では動画閲覧可能でしょうか?
インターネットオプションの設定は Sleipnir にも影響いたしますので、
ActiveX/JavaScript を実行させたい場合は以下のように設定してください。
・Internet Ixplorer 7 でも動画が閲覧できない場合
インターネットオプション|セキュリティ|レベルのカスタマイズ で
ActiveX コントロールとプラグインの実行:[有効にする]
アクティブ スクリプト:[有効にする]
・Internet Ixplorer 7 では動画が閲覧できる場合
YouTube 動画ページを開いた状態で、Sleipnir メニューバーの セキュリティ|タブ別のセキュリティ で
「ActiveX の実行を許可」と「JavaScript の実行を許可」がオンになっているかご確認ください。
>teru_2000 さん
ご指摘ありがとうございます。
エントリの内容を変更いたしました。

keroro2007年10月17日 18:22

この情報大変役にたちました。
ありがとうござます。
ついでですが、Vr1.6の場合
ツール→Sleipnirオプション→拡張機能
→URLアクション
で設定できます。

フェンリル サポート担当2007年10月18日 12:03

>keroro さん
このエントリの情報がお役に立て、とても嬉しく思います。
お試しいただきありがとうございました。

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。