フェンリル

Developer's Blog

エイリアス作成機能などユーザーの要望を取り入れた、 FenrirFS 1.1.0 をリリースしました

ffs_110_1_20100128.png

こんにちは、研究開発室の kenjiro です。

本日、ユーザーの皆様の要望を取り入れた機能を実装した、FenrirFS 1.1.0 をリリースしました。

FenrirFS ダウンロードページ
FenrirFS 1.1.0 リリースノート

FenrirFS はリリースされてからユーザーの皆様からたくさんの要望をいただきました。どうもありがとうございます。今回はユーザーの皆様の期待に応えらるように気合を入れて開発しました。

FenrirFS 1.1.0 で追加された主な機能は以下の通りです。

●エイリアス作成機能を追加しました。
ファイルの実体を移動しないで、FenrirFS に追加することが出来ます。ファイルサーバ上のファイルなど移動したくないファイルもエイリアスを作成して FenrirFS に追加して、通常のファイルと同じように使用することが出来ます。また、「環境設定 | ドロップ操作」からドロップ時の操作モードが選択出来るようになりました。主にエイリアス作成で FenrirFS を使いたい方は、モードをエイリアスモードに選択し、そこから自分好みにカスタマイズしてみてください。

ffs-mode-1-20100128.png

エイリアスが作成されると、冒頭の画像のようにファイルのアイコンに矢印アイコンが重ね合わせて表示され区別されていますが、通常のファイルとほぼ同じような使用感でファイルを開いたりすることが出来ます。
●プロファイルフォルダを「環境設定 | 全般」から変更出来るようにしました。
●ファイルリストからフォルダリストやラベルリストへドラッグアンドドロップしてファイルの移動やラベルの設定を行えるようにしました。
●ファイルリスト上のラベルの表示方法や表示順を設定できるようにしました。
●ラベルリスト上のラベルの複数選択に対応し、選択したすべてのラベルの付いているファイルをファイルリストに表示出来るようになりました。
●ラベルの色と文字色を変更しました。
ラベルの色が全体的に淡い色に変更されました。
●検索ボックスに詳細検索機能を追加しました。
詳細検索機能を使用すると、例えば以下のように入力して、コメント欄が空でないファイルを検索することが出来たりします。
ffs_search_1_20100128.png

詳細検索機能の詳しい使い方については、インストールフォルダの Readme.pdf をご覧ください。

他にもいろいろと改善されていますので、興味のある方は、リリースノートをご覧ください。

今後もフェンリルと FenrirFS をよろしくお願いいたします。

Twitterこの記事を Retweet する
Twitterフェンリル研究開発室アカウントをフォローする

Facebook コメント

コメント

swd2010年01月28日 20:02

エイリアス対応ありがとうございます。大変使い勝手が良くなりました。
エイリアスではなく、ファイルそのものもFenrirFSで管理しているのですが、一度、適当なディレクトリでファイルを作成してからFenrirFSにドロップするのではなく、FenrirFSのファイルリスト上で直接新規作成することは可能でしょうか?

t.o2010年01月29日 12:38

swd さん
> FenrirFSのファイルリスト上で直接新規作成することは可能でしょうか?
●Microsoft Office などの場合は新規作成した
書類のデフォルトの保存先を指定できるとおもいます。
このような形でソフトウェア側で設定できるものは
設定していただくと良いのではないかと思います。
●アプリケーションによってはショートカット(.lnk)の
作業フォルダを指定しておくとデフォルトの保存先として
認識できる場合もあります。
上記の条件のものは
FenrirFS Storage\個人用.profile\files に
ファイルを直接保存するようにすれば
FenrirFS が追加されたファイルを自動的に
リスト化します。

hiroshi2010年01月29日 16:13

エイリアス対応への開発おつかれ&有難う御座います。
今までショートカット作成してリネームしてましたが、一気に楽になりました。これから登録しまくります。

kenji2010年01月30日 1:13

FenrirFS、正直数年間待っていたファイル管理ソフトです。
更新を期待してまじめに改善点を書いておきます。
1.1エイリアスが1ファイルで管理されている
 ~/filesに300byte弱のファイルが数千・数万ファイルできる。これは普通に考えてイケてない。
 遅くなると思いきや検索性に問題は無い。が、完全DB内で管理できるはず。
2.パスを登録しておいて階層下の全てのファイルのエイリアスを一括登録・監視できる機能が必要
 特定箇所毎に「更新」でDB整合性を確認でき、自動的にリンク切れエイリアスを消す、新規ファイルを見つけたら作業フォルダに置くことができるように。
 これができないと、例えば外部ツールで正規表現リネームした場合、FenrirFS側のエイリアスの状態と不整合となり、更新する手段がない。結果リンク切れ続出、再度全ファイルをドロップしてリネーム後のファイルを認識させる手間が発生する。これは実用に耐えない。
(リンク切れ削除機能、階層以下の一括登録があればとりあえずはOK、今はフォルダがリンクで登録される。つまり、登録元が多くのフォルダで管理されていると、「全選択してドロップ地獄」に陥る)
少くともFenrirFSが完全なツールになる過程で、他ツールの影響を受け入れる手段を持っておく必要がある。
3.1段階のスターではファイルが多くなりすぎて、何がなんだかわからなくなる。
 これは自分でラベルを作ってタグ付けすることで回避可能。ポリシーであれば今のままで良し。
多くのユーザは自分の全ファイルを管理したいと思っているはず。だからエイリアスの要望が沢山出た。次はエイリアスをスマートに管理できる方法が必要と思います。
キビシイ意見ですいません。期待しています。

ecneil2010年01月31日 0:58

以前から気になっていたのですが、エイリアスへの対応を機会に利用しようと思い、ダウンロードさせていただきました。
ファイルの整理もあるのですが、ランチャ代わりにも利用できると思い、大量のアプリケーションへのリンクをドロップしたのですが、シンタックスエラーが発生しました。
原因は、リンク先のコマンドラインオプションにダブルコーテーションが含まれているせいだと思います。
エラーが発生すると、ファイル追加中と同様に一部操作が制限された状態のまま、終了等も出来なくなってしまいます。また、一度その状態に陥ると、データベースを削除するまで、他のファイルの追加でも同様の症状が発生します。
このような利用法を公式には無しと考えるならそれでも良いのですが、有りと考えるなら、コマンドラインオプションへの対応をご検討お願いします。
良いソフトなので、これからに期待しています。

ms2010年02月01日 23:14

エイリアスの対応で使い易くなりました。
ファイル単位じゃなくフォルダごと放り込めると更にいいと思います。
可能であればエイリアスの追跡も・・・。

shunsuke2010年02月24日 17:28

エイリアスモード良いですね。
要望とかをどこに投げて良いのかわからないので、
ここに書かせていただきますと、
画面左下のラベル欄で、
・各グループごとにツリー構造にして欲しい
 ラベルが増えると見にくくなるので、
・ラベルのカラーを任意作成可能にして欲しい
 色数が少ないです。
よろしくお願いします。

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。