フェンリル

Developer's Blog

【重要】Sleipnir 2.9.5、Grani 4.4 の差し替えを行いました。

フェンリル開発担当の田林です。
先日 Sleipnir 2.9.5、Grani 4.4 をリリース致しましたが、脆弱性対応で行った対処により不安定になったという報告を多数頂きましたので、信頼性を向上させたものに差し替えを行いました。
現在更新通知を停止していますので、自動更新はできません。
2.9.5 にして何か問題が発生した方は再度ダウンロードしてアップデートしてください。
インストーラー版を利用することでアップデートができます。
テスト版や Gecko Preview Ver. はアップデートの必要はありません。
Sleipnir 2.9.5 ダウンロードページ
Grani 4.4 ダウンロードページ
外部アプリケーションから起動した場合やWindows の起動時にエラーが発生する方は、差し替え版を使用することで発生しなくなると思います。
差し替え版を使用しても Windows 起動時にエラーが起こる場合は Sleipnir オプション | クライアント | 全般 | クライアントの初回起動を高速化する(推奨) をオフにしてみて下さい。


■脆弱性対応により起こった問題に関して
Evernote が使用できなくなる問題は環境変数に Evernote のインストールパスを追加することで回避できます。これは Evernote が現在の作業ディレクトリを使用する仕組みになっているようなのですが、脆弱性対応のため dll の検索場所から現在の作業ディレクトリ を削除しているために発生しています。
その他 shockwave が使用できなくなるなど、作業ディレクトリに依存するものは全て利用できない可能性があります。
これらの問題は引き続きこちらで対策できないかどうか調査を行います。
■Internet Explorer 9 β に関して
IE9 β を入れた環境で Hawkeye が使用できません。
これは IE9 β では about:internet が使用できないことが原因です。
IE9 の正式版での対応を待ちたいと思います。
SeaHorse の AutoPagerize などを使用すると固まることも確認しています。
差し替え版で引き続き検証を行い、問題がなければ再度アップデートを行い、更新通知を出します。
フェンリルからのお知らせは下記の Twitter アカウントでも行っております。
Twitterフェンリルオフィシャルアカウントをフォローする
今後もフェンリル / Sleipnir / Grani をよろしくお願いします。

Facebook コメント

コメント

山田謙一2010年10月23日 19:21

全てのSleipnir関連等削除して、再インストールしました。Sleipnir 2.9.5のみのインストールにしました。現在エラーは出ていません。関連のインストールは一切無し

やや2010年11月04日 14:26

通常のアップデート後、メモリ参照エラーが起きて、PC自体が強制終了(ブルースクリーン)になることが多くなったような気がします。
タスクマネージャを見ても異様にメモリを消費しているようなので、
ですので、今は別のブラウザを使うようにしています。
以前から、「アドレス○○のメモリを参照しましたが、読み取れませんでした」というエラーがよく出ています。
(その後自動的に再起動もしくはフリーズ)
素人なので詳しいことはわかりませんが、Sleipnirのメモリの使い方に何らかの問題がある可能性が高いと思います。
何度かシステムの復元をする羽目にもなりました。
PCに異様な負担がかからない、PCに異常が生じない、
というのはブラウザとしての最低ラインだと思います。
この問題が解決することを期待して、ここにコメントを書かせていただきます。
長文失礼しました。

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。