フェンリル

Developer's Blog

より”紙”ライクな Inkiness for iPad の回転

Sketches

iPad アプリはユーザーがどんな持ち方をしても使えるように、可能な限り縦横に対応することが推奨されています。ふつう、画面をユーザーから見て常に正位置に保つことでそれを実現します。

しかし Inkiness for iPad では、ただ画面を回転するだけでは済みませんでした。Inkiness は現実のノートを “使用感まで含めて” 模した手書きアプリだからです。

現実のノートやスケッチブックは色んな向きに持って書くことができます。縦向きでメモを取りたいときでも、横向きで紙いっぱいの図を書きたいときでも、好きなように持ち替えれば済みます。また、例えば表組のような縦と横の線を引くとき、ノートを90度回してすべての線を横に引いたことはありませんか?あるいはスケッチなどでは、ひとつの絵を色々な角度で描いたりします。

物にはこういった自由さがあります。Inkiness はページを開いたメモ帳を模して、好きなように使えることを目指したアプリです。画面や描画した線を常に正位置に回転していては、「縦長でも横長でも使える」手軽さや「好きな角度で持って線を描く」自由さがなくなってしまいます。しかし一方で、iPad アプリとして縦横にきちんと対応して、起動したときに向きを気にせず使えるべきだとも考えました。

そこで Inkiness for iPad では、特殊な画面回転を採用しています。デバイス自体を一冊のノートに見立てた画面は一定に固定して、アイコンやポップオーバーなどの要素だけをユーザーの向きに合わせます。また、描画に使うツールは手が届きやすくて誤タッチしづらい下部中央に来るようにしました。さらに、どの向きで書いたかをノートごとに保持することで、サムネイルで一覧したときに内容を把握しやすくしています。

Inkiness for iPad Screens

ノートそのものは iPad に固定して、まっすぐになっているべきコントロールや情報だけを回転させることで、Inkiness の特徴であるノート本来の使用感を持たせつつ、縦横に対応することができました。

Mac でも紙の表現を使っていますSleipnir for Mac をダウンロード

Facebook コメント

コメント

LV iphone5s カバー2014年04月21日 21:39

マック製品iPhoneはケースがものiPhone 5する方法を模索して新鮮な表情が特徴チェックアウトして、あなたのiPhone 5と完全に適切な保護を提供する。 特売iPhoneのグループの下にも、平均のカテゴリの下には、これらの人々から利益を得ることができることを意図してイベントをチェックしてください。この記事の場面でより良い、スタイル痛感バイヤーは、伝説の種類によってカスタムメイドのラベルを試してみてください。 持つ価値がある知識豊富なクライアントが良いと幸せはしかしiPhoneの条件をlowpriced、と述べた。

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。