フェンリル

Developer's Blog

例えばこんな TODO 管理

こんにちはこんにちは! エンジニア川端です。

夏ですね。暑いですね。これだけ暑いと頭もボーッとして、つい大切なことを忘れたりしがちですね。
寒くても忘れるんですけどね。

フェンリルでもたくさんのプロダクトが生まれ、それに伴って色々な情報も増えました。先日のように同日リリースがあると、忘れてはいけないこともガッツリ増えます。
今回は、TODO を忘れず溜め込まず実行するために、私が 10 年以上続けている方法を。
GTD とかをしっかり運用できる方には、あまり役に立ちません。

まずは、心がまえから。

覚えない

覚えようとするから忘れます。最初から覚えることを放棄して、覚えなくてもよい方法を考えるのがいいと思います。

蓄積しない

すぐやってもいいことは、すぐやります。後に回すと忘れます。

分散させない

自分の頭で覚えないようにするといっても、随時参照する「情報置き場」は覚えておく必要があります。間違いなく忘れるので、一カ所にまとめ、分散させないようにしましょう。

分類しない

どんなにきれいに分類しても「例外」が発生し、それを覚えておく必要がでてきたり、必要な時に情報を取り出せなくなったりします。そうならない分類方法にたどりつければいいですが、「分類しない」という選択肢もありかと。

具体的には?

で、具体的にどうするのかというと……

私の場合「メール」の「受信箱」にほとんどのことを集約しています。
機械から飛んでくるシステム監視メール以外は振り分けせず、すべて「受信箱」に入ります。
スケジュールもメールで全部届きます。

片づいた案件は「受信箱」から「処理済」フォルダに移動します。ここでも分類はほとんどしません。たいていのことは全文検索と日付で探せるので、分類しなくも大丈夫です。後で探す時にジャマになるメールのみ「邪魔者フォルダ」に移動します。

この方法の利点は

  • 日常利用している「メール」というツールで OK。新しいツールやルールを導入しなくてもよい
  • 自分が今どのくらいの案件を抱えているのか一目瞭然
  • 受信箱が空になると、ものすごくすっきりする

いろんな手法やソフトウェアを試してみたりしましたが、今はこういう方法に落ち着いています。
特化した方法や専用のツールは、使いこなせば絶大な効果なんだと思いますが、万人に合う方法ばかりではないですよね。
こんな感じで、ゆる〜く管理してみるのはいかがでしょうか?

「書類が多いのでメールはちょっと……」という方は「FenrirFS」をお試しください。

関連記事

Facebook コメント

コメント

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。