フェンリル

Developer's Blog

Microsoft Visual SourceSafe のリポジトリを Mercurial のリポジトリに変換する手順

こんにちは、Sleipnir 3 for Windows 開発担当の上田です。

今回は Microsoft Visual SourceSafe( 以下 VSS ) のリポジトリを
Mercurial のリポジトリに変換する手順を紹介したいと思います。

以下の手順で私自身がリポジトリの変換をすることが出来ました。
toMercurial1.png 
1. 変換に必要になるツールを導入します。
 ■ TortoiseHG
  http://tortoisehg.bitbucket.org/ja/
  
 ■ Git for Windows
  http://code.google.com/p/msysgit/
  
  以下の “Full installer for official Git for Windows” を利用します。
  http://code.google.com/p/msysgit/downloads/list

 ■ Vss2Git
  http://code.google.com/p/vss2git/
  
  以下の “Windows installer” を利用します。
  http://code.google.com/p/vss2git/downloads/list

2. 環境変数の “Path” に、”C:\Program Files\Git\bin” を追加します。
   toMercurial2.png

3. 作業用フォルダを作成して、VSS のフォルダをコピーします。
  以下のような例で説明します。
  ■ 作業用フォルダ
   C:\toMercurial
   
  ■ コピーされた VSS のフォルダ
   C:\toMercurial\vss

4. Vss2Git を起動して、以下のように設定して実行します。
  ■ VSS Settings
    Directory : C:\toMercurial\vss
    
  ■ Output Settings
    Directory : C:\toMercurial\git

  「Go!」をクリックすると変換が始まります。
   toMercurial3.png

5. TortoiseHG の設定で、「エクステンション」→「convert」に
  チェックを入れます。
  ※エクスプローラーでフォルダの右クリックメニューから
   「TortoiseHG」→「Global Settings」から表示することが出来ます。
   toMercurial4.png

6. 「コマンド プロンプト」を起動して以下のようにコマンドを入れます。
  >cd c:\toMercurial
  >hg convert git mercurial
  
  実行すると以下のようになります。
  toMercurial5.png
  ※ 「converting…」 の次の行からは、VSS の履歴によって変わります。
  
  変換に成功すると以下のフォルダに Mercurial のリポジトリが作成されます。
  ・C:\toMercurial\mercurial

これで、VSS から Mercurial への変換作業は終わりです。
あとは、作成された Mercurial のリポジトリをファイルサーバーやローカルの
適切な場所に移動させて利用します。

VSS の履歴の数によって時間が掛かりますが、手順自体はとても簡単です。
VSS から Mercurial に移行をお考えの方はお試しください。

 

Facebook コメント

コメント

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。