フェンリル

Developer's Blog

Illustrator の配置ファイルをシンボリックリンクで管理しよう(おまけスクリプト付き)

こんにちは!UI デザインの松野です。

フェンリルのデザイナーはみんな思い思いのアプリケーションで作業します。私はというと、何にでも Adobe Illustrator を使います。理由は色々あるのですが、Illustrator はアートボードに別のファイルを配置できるのもその理由のひとつです。

Illustrator の配置は、ファイルを参照として扱います。これによって、

・リソース画像の共通部分を別ファイルに分けて使い回す
・アプリの画面サンプルに実際のリソース画像を入れて組み立てる

ということをしています。ファイルが別になっていれば、あとからの修正にも柔軟ですし、管理も楽になります

しかも、実は Illustrator 書類に Illustrator 書類を配置することもできる(PDF 互換機能を応用)ので、Illustrator で作業を完結できます。

共通パーツ

このアイコンの馬や地球は共通パーツにして、Mac 版でも iOS 版でも同じものを使っています。

で、これらの共通パーツは色んなプロジェクトで使うので、別のフォルダに分けているんですが、色々とつまずいたことがありました。

配置ファイルを動かさない

Illustrator を使ったことがある人なら大抵、リンク切れを体験していると思います。配置ファイルのリンクが切れないように気を使う必要があります

Illustrator 書類と同じ階層に置いたときだけはリンク切れが起こらないため、そうしておくのが一般的ですが、別のフォルダに置くなら常に決まった場所にしなくてはなりません。まあ、場所が変わらなければ問題ないので運用でカバーします。しかし、今度はデータのバックアップ時にまた困りました。

共通パーツごとバックアップしたい

プロジェクトが終わったときなどにデータをバックアップしますよね。そうなると、配置しているファイルまでバックアップする必要があります

共通パーツはたびたび更新されて、最新のものが反映されます。しかし、バックアップ時にはその時点での共通パーツを “使ったものだけ” 保存したいわけです。ところが、そもそも数ある共通パーツのどれを配置しているのかを把握するのも大変です。

そこでシンボリックリンク

色んな解決策を考えましたが、今はシンボリックリンクを使う方法に落ち着いています。

シンボリックリンクは「ファイルがあたかもその場所にあるかのように振る舞う」ファイルです。共通パーツはどこかにまとめておいて、使う分のシンボリックリンクだけ Illustrator 書類と同じ階層に入れておきます。そして、このシンボリックリンクから実体をコピーできるスクリプトを用意して、バックアップに使っています。

これで、共通パーツごとバックアップできるようになりました。どの共通パーツを使っているかの把握もできますし、もちろん配置ファイルを開くこともできます。

まず、Mac OS X にはシンボリックリンクをコマンドライン以外からつくる方法がなかったので、AppleScript を書きました。

on run
    tell application "Finder"
        set selectedItems to selection
        if length of selectedItems is 0 then return
        --
        makeSymbolicLinks(selectedItems, path to the desktop) of me
        --
    end tell
end run

on makeSymbolicLinks(theseItems, targetFolder)
    tell application "Finder"
        set resultItems to {}
        --
        repeat with thisItem in theseItems
            set thisName to name of (info for thisItem as alias)
            set resultName to uniqueItemName(thisName, targetFolder, "-") of me
            set thisPath to "\"" & (POSIX path of (thisItem as alias)) & "\""
            set resultPath to "\"" & (POSIX path of (targetFolder)) & resultName & "\""
            do shell script "ln -s " & thisPath & " " & resultPath
            set the end of resultItems to alias file resultName of targetFolder
        end repeat
        --
        return resultItems
    end tell
end makeSymbolicLinks

on uniqueItemName(thisName, targetFolder, suffixDelimiter)
    tell application "Finder"
        if not (item thisName in targetFolder exists) then return thisName
        set countNumber to 1
        --
        repeat until not (item (thisName & suffixDelimiter & countNumber as text) in targetFolder exists)
            set countNumber to countNumber + 1
        end repeat
        set resultName to thisName & suffixDelimiter & countNumber as text
        --
        return resultName
    end tell
end uniqueItemName

Finder で選択している項目のシンボリックリンクをデスクトップにつくります。これを Automator でサービスか何かにしておけば、コンテキストメニューからシンボリックリンクをつくれます。

また、バックアップ時には、シンボリックリンクをオリジナルのコピーと置き換える AppleScript を使っています。実は Finder はシンボリックリンクとエイリアスを区別しないので、エイリアスにも使えます。

on run
    tell application "Finder"
        set selectedItems to selection
        if length of selectedItems is 0 then return
        --
        set selection to replaceWithOriginals(selectedItems) of me
        --
    end tell
end run

on replaceWithOriginals(theseItems)
    tell application "Finder"
        set parentFolder to parent of the first item of theseItems
        set aliasItems to {}
        set originalItems to {}
        set resultItems to {}
        --
        repeat with thisItem in theseItems
            if class of thisItem is alias file then
                set the end of originalItems to original item of thisItem
                set the end of aliasItems to thisItem
            end if
        end repeat
        --
        delete aliasItems
        set resultItems to duplicate originalItems to parentFolder with replacing
        --
        return resultItems
    end tell
end replaceWithOriginals

この記事の AppleScript はご自身の責任において、ご自由にお使いください。
自分用に書いたものなので最低限の動作しかしません。あしからずご了承ください。
最新の OS X Lion と Mac OS X Snow Leopard で動作確認しています。

Sleipnir for Mac はこちら

Facebook コメント

コメント

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。