フェンリル

Developer's Blog

勝手にインストールされる拡張機能の消し方

こんにちは。古沢です。

Sleipnir 3 for Windows では、WebKit 拡張機能が利用できるようになりました。

Chrome 用の拡張機能が利用できるようになりとても便利になりましたが、そのかわり、Chrome 用の拡張機能を自動的にインストールする別のツールによって、意図しないツールバーや、拡張機能がインストールされる場合があります。

「どうやってツールバーを消せばいいのか分からない。」といったお問い合わせをいただくこともあり、今回は勝手にインストールされた拡張機能の消し方をご紹介します。

勝手にインストールされる拡張機能の消し方

 

  • 1.左上の「Sleipnir」ボタンをクリックします。
  • 2.表示されたメニューから「エンジン設定」をクリックします。

    「エンジンの設定」をクリックします。

  • 3.表示されたページから「拡張機能」をクリックします。

    表示されたページから「拡張機能」をクリックします。

  •  4.削除したい拡張機能の「有効」のチェックボックスをクリックし、チェックをOFFにして拡張機能を一時的に無効にします。

     削除したい拡張機能の「有効」のチェックをクリックし、拡張機能を一時的に無効にします。

  •  5.ツールバーが表示されていたページを再度アクセスし、再読込してみてください。

     その後、ツールバーが表示されたページを再度アクセスし、再読込してみてください。

  • 6.削除したいツールバーが消えていれば、4.で無効にした拡張機能の「ゴミ箱」アイコンをクリックします。

    削除したいツールバーが消えていれば、4.で無効にした拡張機能の「ゴミ箱」アイコンをクリックします。

  • 7.「削除の確認」のメッセージが表示されるので、削除ボタンをクリックします。

 

以上で、インストールされた拡張機能を削除することができます。

勝手に拡張機能をインストールされてお困りの方は、お試しください。

ソーシャルアカウント

Sleipnir の Facebook ページでは、ユーザーの方たちとのコミュニケーションや最新情報の投稿などをしています。よろしければいいね!してください!

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

 

関連記事

Facebook コメント

コメント

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。