フェンリル

Developer's Blog

フェンリルでは JavaScript や Ruby が大好きなウェブエンジニア募集しています!

webengineerjob_blog

こんにちは、田林です。

フェンリルでは JavaScript が大好きなフロントエンジニアや Ruby が大好きなエンジニアを募集しています。

詳しい募集内容はこちらをご覧下さい。
※正社員、アルバイト共に募集しています。

JavaScript や Ruby と書いていますが、Haskell でも Go 言語でも何か得意な言語があれば何でもいいです。

フェンリルという会社

知らない方のためにフェンリルという会社について説明します。

元々、社長の柏木泰幸が個人で開発していた Sleipnir というウェブブラウザの開発を行うために 2005 年に設立されました。

2008 年夏に iOS アプリ開発事業を始めて、その後 Android や Windows Phone アプリの開発など、これまでに 100 社 200 本以上のアプリ開発を行ってきました。

公開出来る実績はこちらをご覧下さい。

各 App Store のランキングで 1 位を獲得したアプリも多数開発しており、フェンリルは日本一のアプリ・ウェブ開発会社になることを目指して今も全力疾走している所です。

UI/UX へのこだわり

フェンリルがアプリ開発を始めた経緯などはこちらの Q&A 形式のインタビューに詳しく書いていますが、世の中の全てのソフトウェアを使いやすいものにして、それを使うユーザーに喜んでもらいたいと考えています。

そのために始めたのがスマートフォンアプリ・ウェブアプリ開発事業です。
アプリの UI/UX に関しては 2008 年にはほとんど注目されていませんでしたが、ここ数年で使いやすいアプリは当たり前になってきています。そのような状況になることにフェンリルも多少は貢献できたのではないかと思っています。

しかし、いまだウェブアプリ業界は昭和の UI/UX なのです。

UI/UX の設計に自信をもっているエンジニアの方は多くありません。
にも関わらず、デザインは外注なのでちょっとした変更は発注せず、自分で UI/UX 部分に手を入れる。あるいは、そもそも誰も UI/UX の設計はやってくれないので自分がつくっている。そんな開発現場が多いのでは?

いいものをつくりたい。ユーザーに満足してもらいたい。でもうまくいかない。自分なりにがんばってるんだけど。

フェンリルは、優秀な UI/UX デザイナーを大量にかかえることでその悩みを解決しています。
デザイナーは依頼する相手ではありません。同じプロジェクトの一員として、いいものをつくるために協力する相手です。デザイナーだっていいものをつくるために真剣ですから妥協しません。ピクセル単位のダメ出しを受けることも。デザイナーもエンジニアも、妥協の産物ではなくこだわりの産物をつくろうという姿勢でやっています。
そのようなこだわった UI/UX をシステムとして実現できる高い志を持ったエンジニアを望んでいます。

また、仕様はクライアントまかせってこともありません。企画段階から参画し、本来あるべき目的までさかのぼり、クライアントと会話を積み重ねながら本当に意味のあるものをつくろうとします。ただ○○する、という以上をやるのがフェンリルです。

業務内容

ウェブやアプリの設計、開発を担当して頂きます。

  • ・HTML5、JavaScript を使ったウェブアプリやスマートフォン向けアプリの開発
  • ・Ruby、Java、PHP などをつかったサーバーサイド開発
  • ・iPhone、Android アプリで使用するサーバーサイド開発
  • ・AWS などのクラウドサービスを使った開発

などなど

業務環境

  • ・デュアルディスプレイでキーボード、マウスなども HHK Pro や Realforce など好きな物を支給しています。
  • ・プロジェクトは Git、Jenkins、Redmine などで管理しています。

職場環境

  • ・大阪本社はグランフロント大阪にあります。
  • ・JR 大阪駅から歩道橋でつながってるため、雨の日でも大丈夫!
  • ・ブリーゼよりも阪急梅田駅から近くなりました。

プロジェクトマネージャやアプリ開発エンジニア、2015 年の新卒募集もしております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

Facebook コメント

コメント

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。