フェンリル

Developer's Blog

投稿者別アーカイブ(伊藤)

スマートフォンアプリ相当のプッシュ通知を、PC のウェブブラウザでも!BoltzEngine 2.2 リリース

BoltzEngine

こんにちは。BoltzEngine 担当の伊藤です。

本日、BoltzEngine 2.2 をリリースしました!

今回は iOS / Android のスマートフォンアプリ向けのプッシュ通知だけではなく、PC のウェブブラウザ向けにプッシュ通知を送信できるようになりました。

続きを読む

Xamarin のアプリをコマンドラインでビルドする

xamarin_logo

こんにちは。エンジニアの伊藤です。

Xamarin のアプリを Jenkins などでビルドする場合、コマンドラインからビルドしたいことがあると思います。.NET 系のエンジニアには、.csproj ファイルは MSBuild というビルドエンジンのビルド構成ファイルそのものであるというのはよく知られており、これを msbuild コマンドや、xbuild コマンドに与えることでビルドができます。

今回は、Mac で xbuild コマンドを使う方法で、Xamarin.iOS / Xamarin.Android のアプリをビルドする方法をご紹介します。

基本のビルド

続きを読む

超高速から低速まで自在に速度制御!BoltzEngine 2.1 リリース!

BoltzEngine

こんにちは。BoltzEngine 担当の伊藤です。

本日、BoltzEngine 2.1 をリリースしました!

今回はプッシュ通知の「配信速度制御」機能を追加しました。この機能を使うことで、超高速から低速まで、自由に送り分けることができます。

プッシュ通知開封によるアクセス集中を軽減可能に!

「超高速」をうたう BoltzEngine がわざわざその能力をセーブする機能をつけるワケは「開封」にあります。

続きを読む

エンジニアに最も近いタスク管理 – GitHub の Projects

Fenrir Advent Calendar 2016

こんにちは。アプリケーション共同開発部 伊藤です。

Fenrir Advent Calendar 2016」17 日目ですね。僕が今年グッときたのは、GitHub Enterprise (以下 GHE) の新機能、Projects です。

ざっくり言いますと、いわゆるカンバンボードを扱える機能です。GHE というよりも、9 月の GitHub Universe 2016 で発表、同日 github.com にリリースされて、11 月には GHE でも使えるようになりました。普段我々エンジニアがタスク管理に使っている Issue や Pull Request (以下 PR) をボードの項目(カード)として含めることができるのが最大の特徴でしょう。

なれるまではちょっとややこしかったので、使い方をご紹介しようと思います。

Project の新規作成〜カードの追加

続きを読む

セグメント配信と新料金プラン、BoltzEngine 2.0 リリース!

BoltzEngine

こんにちは。BoltzEngine 担当の伊藤です。

本日、BoltzEngine 2.0 をリリースしました!

今回は特にご要望の多かった機能を追加しました。また、様々な要件にフィットする新しい料金プランもご紹介します。

BoltzMessenger がセグメント配信対応!

続きを読む

理由がわかれば怖くない!SELinux とのつきあい方

こんにちは。BoltzEngine 担当の伊藤です。

SELinux といえば Linux に強制アクセス制御(MAC)という機能を追加するモジュールで、Linux をより安全に運用することができる機能です。

Linux をインストールするとディストリビューションによっては最初から ON になっていて、一部のソフトウェアがこれが原因で動作しないとか、設定ファイルを外部からアップロードして上書きしたら読み込めなくなってプロセスが起動しなくなった…というようなつまづきをされる方が多いですし、実際自分自身もよくひっかかりました。SELinux で Google 検索すると、サジェストの一番頭が「無効」というワードが続いてしまいますし、検索して出てくる情報も無効にする方法の数が圧倒的に多い状態です。

しかし昨今様々な攻撃がある中、攻撃からの防御を考えて有効にして動かしたいですよね。今回は実際の SELinux のさわり方を確認しながら、どのように付きあっていくかを見ていきたいと思います。

※以下、Red Hat Enterprise Linux 7 (RHEL7) 系列の OS について説明していきます。また、一部のコマンドは出力が長いため、省略されているものがあります。

続きを読む

Linux でのインストールを改善した BoltzEngine 1.3 をリリースしました&キャンペーンまもなく終了!

BoltzEngine

こんにちは。BoltzEngine 担当の伊藤です。

本日、BoltzEngine 1.3 をリリースしました。今回のリリースでは、Linux 版インストール時のいくつかのわかりにくい点を改善しました。

BoltzMessenger が SELinux に対応

続きを読む

de:code 2016 に参加してきて Xamarin のアツさを再認識しました #decode16

decode2016

こんにちは。アプリケーション共同開発部 開発担当の伊藤です。

先日 5月24日(火)、25日(水)に開催された de:code 2016 に参加してきました。

de:code は日本マイクロソフトが年次で開催しているカンファレンスで、今回が 3 回目となりました。今回の de:code は大きな変革の成果が現れてきている最近の Microsoft を知ることができる、良いイベントとなっていました。

Conversation as a Platform – アプリケーションの壁を取り払う

続きを読む

超高速プッシュ配信エンジン BoltzEngine 1.2 をリリースしました!予約配信機能を追加!

BoltzEngine

こんにちは。アプリケーション共同開発部 開発担当の伊藤です。

本日、配信機能を強化した超高速プッシュ通知配信エンジン BoltzEngine 1.2 をリリースいたしました!

BoltzMessenger の機能強化、予約配信に対応!

BoltzEngine とセットで提供されている BoltzMessenger は BoltzEngine を使用するシステムのリファレンス実装で、通知送信用の管理サイトと、受信用のサンプルアプリが含まれています。このまま利用することも可能ですし、管理画面はそのまま、アプリに通信機能を組み込んで使うということができるようになっています。ソースコード込みでご提供するので、独自にカスタマイズしてご利用頂くこともできます。

今回は、BoltzMessenger に予約配信機能を追加しました。事前に通知内容を登録しておくと、指定された時間に自動的に通知が送信されます。

続きを読む

Xamarin ビジネスセミナー開催のお知らせ

xamarin_logo

こんにちは。アプリケーション共同開発部 開発担当の伊藤です。

2月5日(金)に Xamarin についてのセミナーを、Xamarin の国内代理店をされているエクセルソフト様と開催いたします。

フェンリルのウェブサイト内やこの blog でも折に触れてご紹介しております Xamarin ですが、実のところどういうものなのかいまいちピンと来ない、ネイティブと比べてどうなの?という方はまだ多いかと思います。

今回はそういった疑問にお答えする、まだ触ったことがない・興味がある方を対象としたセミナーです。 Xamarin がどういうものなのか、実案件でどのように適用するか・使いどころはどこか、というところをご説明します。

セミナー開催概要

  • 主催
    • エクセルソフト株式会社 / フェンリル株式会社
  • 開催日
    • 2016年2月5日(金)14時00分〜17時00分(受付開始:13:00)
  • 対象
    • C# 開発者の方、iOS/Android アプリをこれから開発される方
  • 参加費
    • 無料
  • 会場
    • エクセルソフト株式会社 セミナールーム (東京都港区三田3丁目9番9号 森伝ビル6階) [会場へのアクセス]

詳しい内容は、以下に続きます。

続きを読む

共有コードからネイティブ依存処理が使える!PCLを使ったXamarinライブラリ作成テクニック

Fenrir Advent Calendar 2015

こんにちは。アプリケーション共同開発部 開発担当の伊藤です。Fenrir Advent Calendar 2015 もいよいよ 20 日目。ラストスパート突入といったところでしょうか。

僕が今年グッときたのが ModernHttpClient という Xamarin 向けのライブラリの仕組みです。このライブラリ、.NET 標準の System.Net.Http.HttpClient クラスにカスタム HTTP ハンドラとして指定して、.NET の API を使いつつも各プラットフォームネイティブのクラスで通信できるようにします(iOS では NSURLSession、Android では OkHttp が使用されます)。

通常、Xamarin を使った開発ではプラットフォームに依存しないロジックをPCL(Portable Class Library)に記述して、画面表示や各種センサーなどプラットフォームに依存するコードをアプリ自体に記述します。PCLはネイティブのコードを記述できないかわりに、いろいろなプラットフォームで使うことができます。

しかし、ModernHttpClient はネイティブライブラリに依存しているにもかかわらず、PCL からでも以下のように NativeMessageHandler(ModernHttpClientの主要クラス) を直接 new することができます。

var httpClient = new HttpClient(new NativeMessageHandler());

ModernHttpClient は NSURLSession や OkHttp など、プラットフォームに依存するコードを使っているので、通常であれば .NET から直接扱うことはできないはずです。一体どういうことなのでしょうか。

続きを読む

超高速プッシュ配信エンジン BoltzEngine 1.1 をリリースしました!より使いやすくなりました!

BoltzEngine

こんにちは。アプリケーション共同開発部 開発担当の伊藤です。

超高速プッシュ通知配信エンジン BoltzEngine、リリースしてからすでに多くのお問い合わせをいただいております。
そんな BoltzEngine ですが、様々な声にお応えして早速バージョンアップしましたのでご紹介します。

あらゆる言語から接続しやすくなりました!

今回のアップデートでは様々なシステムから BoltzEngine をより簡単に利用できるようになりました。

続きを読む

多解像度時代を生き抜くための Autolayout ウル技 3 選

Fenrir Advent Calendar 2014

こんにちは。共同開発部 開発担当の伊藤です。

Fenrir Advent Calendar 2014、ついに最終日となりました。

ウル技という言葉をご存じの方、どれくらいいらっしゃいますでしょうか。いわゆる"裏ワザ"の別表記で、ファミコン/スーファミ全盛期に使われた言葉です。(ちなみに"ウルテク"と読むそうです)

この時期を生き抜いた男子で、ウル技ときいてときめかない人は少ないはず!伊藤は大技林、出るたび毎回買っていました。

今年は iPhone 6 / 6 Plus の登場で、いよいよ iOS も多解像度に突入してしまいました。たぶんこの先ガンガン解像度が増える覚悟が必要になってくるはず。

iOS アプリエンジニアが多解像度時代を生き抜くために必要なスキルと言えば Autolayout。しかしながらこいつがなかなかくせ者で、うまく使いこなすにはいろいろなテクニックが必要になります。

そこで今回は、この半年でフェンリルのエンジニアが行った Autolayout の実装の中からグッと来た Autolayout のウル技を 3 つご紹介します。

続きを読む

クロスプラットフォーム開発最前線!Xamarin Evolve 2014現地リポート

evolve_eyecatch

こんにちは。共同開発部 開発担当の伊藤です。

アメリカ・アトランタで開催されている Xamarin Evolve 2014 に来ています。Evolve は Xamarin 社が主催する大規模イベントで、昨年の開催から2回目となります。他社のイベントにすると、Apple の WWDC や Google の Google I/O と近い雰囲気でしょうか。

Evolve は 6 日月曜日から 5 日間にわたって開催されており、前 2 日がハンズオントレーニング、後の 3 日がカンファレンスとなり伊藤は今日のカンファレンスから参加します。

今回は、キーノートが行われた直後の現地から、最新情報をお届けします!

続きを読む

すべての PC で Windows ストアアプリに一発ログイン!シングルサインオンの実装

LiveSDK01

こんにちは。共同開発部 開発担当の伊藤です。

今日は Windows ストアアプリについてご紹介します。フェンリルの共同開発部では iOS / Android だけでなく、Windows ストアアプリの開発も行っています。Windows 8.1 もそろそろ広がってきていて、某 Flash ゲームのブームもあって「PC も Windows タブレットも使ってるよ!」という方もぼちぼち出てきているかと思います。

Windows ストアアプリを作るとき、同じユーザーを PC ごとに ID/パスワードでログインさせる方法もありますが、PC がたくさんあるとそれぞれ別々にログインするのは面倒です。また、Windows ストアアプリ専用に作るサービスでわざわざ新規に ID やパスワードを作るのは手間ですし、離脱原因にもなります。

今回は「アプリと Web サイトのシングル サインオン」という方法を使って、同じ Microsoft アカウントでログインしてあれば、1度アプリに対して許可を与えれば全ての PC で一発でログインできるアプリを実装する方法をご紹介します。

続きを読む