フェンリル

Developer's Blog

投稿者別アーカイブ(宇佐見)

AsciiDoc を手軽にプレビューする方法


こんにちは、エンジニアの宇佐見です。

私の普段の仕事では、多くの時間をソフトウェアの設計やコードの読み書きで過ごしています。しかし、ときには仕様書や報告書のように体裁が整った文書をつくる場合もあります。私はそういった文書を書くときにも、コードを書くときと同じように、プレーンテキストで書くことが多いです。

プレーンテキストで体裁が整った文書を書くときに便利なのが、軽量マークアップ言語のひとつである AsciiDoc です。軽量マークアップ言語といえば Markdown がよく知られていますが、ここで挙げた AsciiDoc は、表形式、画像の配置指定、目次の出力、などの体裁を整える際に便利な記法がサポートされているのが特徴です。また、Asciidoctor による拡張で、各種の作図記法(blockdiag、PlantUML、Graphviz など)を文書に埋め込むことも可能です。

この記事では、AsciiDoc テキストを手軽にプレビューする方法を紹介します。

続きを読む

try! Swift カンファレンス

try!swift

日々 Swift でコードを書いている宇佐見です。

3月2日(水)から3月4日(金)に行われた try! Swift カンファレンスに参加しました。

Swift は、2014 年 6 月の WWDC で Apple から発表されたプログラミング言語です。2015 年 12 月には GitHub 上でオープンソースとして公開されました。発表から 2 年に満たないわけですが、iOS アプリ開発を中心に、急速に普及が進んでいます。フェンリルでも、iOS アプリ開発のプログラミング言語として Swift を採用することが多くなっています。

続きを読む

信頼感がグッと増した Swift

Fenrir Advent Calendar 2015

こんにちは。アプリケーション共同開発部エンジニアの宇佐見です。

Fenrir Advent Calendar 2015 の3日目です。テーマは「2015年にグッときたコレ」 です。今年はやはり、WWDC 15 に参加して Swift 2 発表の瞬間に立ち会えたことが嬉しかったですね。

2014 年に Apple が発表した Swift は、2015 年に Swift 2 へと進化しました。言語仕様が改良されて使いやすくなり、また開発環境も強化されました。

フェンリルでは Swift 1 の頃から Swift を使った iOS アプリ開発に取り組んでいます。Swift を使って開発したアプリが実際にリリースされていますし、Swift を採用する案件は増えていっています。

ここでは、そんな Swift について改めて述べてみたいと思います。

続きを読む

Apple Watch 向けアプリ開発で押さえておきたいポイント

Fenrir Advent Calendar 2014

こんにちは、共同開発部エンジニアの宇佐見です。Fenrir Advent Calendar 2014 の19日目の記事です。

今年取り組んだことはいろいろありましたが、改めて「2014年にグッときたコレ」をひとつ挙げるならば、やはり Apple Watch です。

今年 9 月に、iPhone 6 / 6 Plus とともに、Apple Watch が発表されました。さらに 11 月に、Apple Watch 向けアプリを開発するプラットフォーム WatchKit が登場しました。2015 年の早い時期に Apple Watch が発売される予定になっています。

フェンリルではもちろん、Apple Watch 向けアプリ開発の取り組みを進めています。この記事では、アプリ開発を考えるにあたって最初に押さえておきたいポイントを、エンジニア視点で紹介します。

続きを読む

第2回iBeaconハッカソンに参加してきました

iBeacon ハッカソン 2

先日、岐阜県大垣市で第2回 iBeacon ハッカソンが開催されました。

フェンリルからは伊藤と宇佐見が参加してきたので、様子をお伝えします。

続きを読む