フェンリル

Developer's Blog

Delphi から Evernote API を使う

こんにちは。FenrirFS 開発担当の福満です。

先日リリースいたしました FenrirFS 2.1 は使っていただけましたでしょうか。
Facebook で写真をシェアしたり、Twitter で写真付きでつぶやいたりして楽しんでいただけたらと思っています。

今日は FenrirFS 2.1 で使用した、Evernote API についての話題です。

Evernote API

Evernote はアプリケーションからアクセスするための API を公開し、様々な言語、プラットフォームから利用できるようにしています。

Evernote API Overview | Evernote Corporation

上のページで、SDK をダウンロードして解凍すると、 対応する言語のソースコードが含まれているのが分かります。しかし、残念ながら、FenrirFS の開発言語である Delphi はサポートされていませんでした。

調べてみると、Evernote API SDK は Thrift という RPC フレームワークを使用していて、Thrift でサポートしていない言語はサポートされていないことが分かりました。

Thrift (プロトコル) – Wikipedia

Thrift with Delphi

Thrift はオープンソースで開発されているクロスランゲージ RPC フレームワークで、1 つの Thrift IDL(インタフェース定義言語)から様々な言語のコードを生成することが出来ます。また、言語ごとに通信やプロトコル処理を行うライブラリも用意されています。

アプリケーションの開発者が実際に記述する部分は、Thrift IDL とクライアント側のアプリケーション部分、及びサーバー側のハンドラとなり、他の部分は Thrift で生成したコードやライブラリが受け持ってくれます。

Delphi から Evernote API を利用するにあたって、他の言語で DLL を作ってそれを利用するという方法もありますが、デバッグに手間がかかる上に、いざという時に融通が利かないので出来れば避けたいところ。

結局、Delphi 用コードジェネレータとライブラリを作成し、Delphi のコードから 直接 Evernote API を使えるようにしました。

尚、Thrift の変更点はプロジェクトに提出し、現在、最新のリリースで利用可能となっています。

Apache Thrift | Download

Evernote API を使う

Thrift を使って IDL から Delphi のコードを生成すれば、Evernote API を利用出来るようになります。以下はその手順です。

1、まず、Evernote API の IDL に Delphi のネームスペース宣言を追加します

namespace csharp Evernote.EDAM.Error
namespace delphi Evernote.EDAM.Error // 追加!!

2、そして、Thrift でコード生成

thrift-0.8.0 --gen delphi -o . thrift\Errors.thrift
thrift-0.8.0 --gen delphi -o . thrift\Limits.thrift
thrift-0.8.0 --gen delphi -o . thrift\NoteStore.thrift
thrift-0.8.0 --gen delphi -o . thrift\Types.thrift
thrift-0.8.0 --gen delphi -o . thrift\UserStore.thrift

これで、生成されたコードとライブラリを使ってアプリケーション側のコードを記述することが出来るようになりました。

変更した Evernote API の IDL と、Thrift で生成したコード、Delphi 用 Thrift ライブラリ、加えて Evernote API に含まれる C# のサンプルプログラムをほぼそのまま Delphi に移植したものを下記の ZIP ファイルにまとめました。
(Delphi 2010 以降の 32 bit コンパイラで動作することを確認しています。)

evernote-api-delphi.zip

アーカイブの中身は下記のようになっています。

evernote-api-delphi/
  thrift/            // Evernote API の IDL
  delphi/
    sample/           // サンプルプログラム
    src/
      Evernote/       // IDL から生成したコード
      Thrift/         // Thrift の Delphi 用ライブラリ

* 利用にあたっては、Thrift と Evernote API それぞれのライセンスに従ってください。ライセンス文書は上記 ZIP に同梱しています。

サンプルプログラムの使い方

Delphi で evernote-api-delphi\delphi\sample\EDAMTest.dpr を開き、コード中の下記の部分の API キーと Secret を自分で取得したものに差し替えてコンパイルします。

consumerKey := 'en-edamtest';
consumerSecret := '0123456789abcdef';

API キーと Secret は冒頭のEvernote API のぺ―ジから取得することが出来ます。
コンパイル出来たら、さっそく実行しみましょう。

コマンドラインで、ユーザー名とパスワードを渡して起動します。

EDAMTest.exe <ユーザー名> <パスワード>

最終的に、以下のようなメッセージが表示されたら成功です。

Successfully created new note with GUID: 07b4bfa4-0251-40c5-8443-d68a11d850ff

Evernote の Web ページで確認すると、こんな表示になります。

まとめ

ありとあらゆる言語がサポートされながら、Delphi からは使えなかった Evernote API が使えるようになりました。Delphi 使いの方は是非お試しください。

今後もフェンリルへの応援をよろしくお願いいたします。

 

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

フェンリルの開発者アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新開発情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

 

Facebook コメント

コメント

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。