フェンリル

Developer's Blog

Sleipnir Mobile for iPhone / iPad のジェスチャをマスターしよう

Sleipnir Mobile for iPhone / iPad

こんにちは。Sleipnir Mobile for iPhone / iPad 開発担当の宮本です。Sleipnir Mobile には、TouchPaging こと一本指でできるジェスチャ操作がたくさんあります。最近、うまくジェスチャを発動させられないといった声を見かけたので、今回はジェスチャを発動させるコツを紹介しようと思います。やり方さえわかれば、ほとんどミスすることなくジェスチャ操作できるようになるので、ぜひ読んでマスターしてください。

“L 字”を描いてタブ削除

これは簡単ですね。下、右です。ひとつコツをあげるとしたら、下と右の間の角を意識して描くことです。


“L 字 ×2″を描いてグループのタブを全て削除

下、右、下、右です。上の L 字と全く同じ線を2回連続で描けば OK。これはかなり便利なので、よく使いますね。Hold And Go で一気に開いて、全部読みおわったらすぐ L ×2 です。このタブ以外削除したい!なんていう状況であれば、タブをダブルタップして保護してから、L ×2 しましょう。保護されているタブ以外を削除できます。


“円”を描いてタブを更新

右回りで円を描きます。下からでも上からでもどこから描いても一回転したところで、更新できるようになります。右回りであればいいので、実はきれいな円を描く必要もなく、上、右、下、左とまっすぐ進むだけでも更新できます。左右に進む線から始めてしまうと、タブ切り替えが一緒に開始してしまうので、上下から回転するのがオススメです。


“円×2″を描いてグループのタブを全て更新

基本的に上と同じです。さらにもう一回転しましょう。よく見るサイトをタブグループでまとめて、ぐるぐるが便利です。


“U 字”を描いてタブを復元

U 字を描けば、最後に閉じたタブを復元できます。途中までは L 字(削除)と同じです。削除のアイコンがでてきたのを確認したら、真上に進むと上手くいきます。


“S 字”を描いて検索

きれいなカーブを描くのは難しいので、ジグザグな S 字でできるようにしてあります。更新と同じで、横から始まってしまうとタブ切り替えも一緒に動くので、少し縦を多めにとった線にするといいです。時計の7時の方向、4時の方向、7時の方向を意識して描いてみてください。


上右で戻る、上左で進む

基本的な動きは L 字削除と同じで、方向が違うだけです。



キャンセルする

今までに紹介したジェスチャは、全然関係のない方向に線を描くことでキャンセルできます。間違えた時は落ち着いて、ぐちゃぐちゃの線を描きましょう。

左下から右上に真っすぐなぞってフルスクリーン(逆で解除)

これに慣れるとかなり快適にフルスクリーンのオンオフが切り替えられるようになります。ウェブの左下と右上に特別な領域があると思ってください(下の画像参照)。いくら斜めに線を描いても、この領域から外れていると意味がありません。二つの領域を真っすぐな線で結ぶようにして指を動かしてみてください。左下から右上でフルスクリーン開始、右上から左下でフルスクリーン解除です。



横にスクロールするようにしてタブ切り替え

左のタブに切り替えたければ、左にスクロール、右のタブなら右にスクロールするだけです。この機能、Google マップなどウェブサイトでジェスチャ処理が必要な場合は、ウェブサイトでの処理を優先して、動かないようにしてあります。それでは、たまに切り替えできないサイトが合って不便ですね。なので裏技が用意されています。画面の左右端から切り替えしようとしてみてください。これならどんなサイトでもタブ切り替えができます。


少しはコツがわかっていただけたでしょうか?どのジェスチャも一本指で簡単です。ぜひ覚えて、Sleipnir Mobile を使いこなしてください!

Facebook コメント

コメント

hayashisarina2012年02月15日 23:48

こんにちは。
Ipad操作について取り急ぎ問い合わせ致します。
assistiveTouchをOnにしまして、誤ってホーム画面上ボタンでジェスチャーに指が触れてしまったみたいです。
それから、一切動さしなくなり、大変困っています。
大至急、ご返事お願い致します。

宮本2012年02月16日 14:45

> hayashisarina さん

プロダクトに関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。
http://www.fenrir-inc.com/jp/about/contact_sleipnir.html

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。