フェンリル

Developer's Blog

黄金比をもっと身近に感じてみる

 

デザイナーの大西です。好きな四角形は黄金長方形と正方形です。
黄金比とは 1:1.618(5:8)の比率を言い、安定した美しい比率とされ芸術にも使用されています。ほかにも白銀比などがあります。
詳しくはこちら Wikipedia – 黄金比数学的な美

レイアウトを決める際の指標としても重宝するので Web デザイナーさんたちにはおなじみと思います。
ロゴやアイコン、プロダクトでも黄金比になっているものは多く、デザイナーの端くれとしては大いに気になる存在です。

黄金比でレイアウトするためのテンプレートや Web サービスなどもあり、それはそれで便利ですが、普段使っているツールでもっと気軽に、グリッドレイアウト以外でももっと身近に黄金比を使いたい!ということで、わたしは黄金比でシェイプを作り Photoshop で使用しています。

作って

登録

比較に使用してみる

フェンリルロゴ

まずは黄金比で比較してみました。

 

いまひとつなので次に白銀比(5:7)で比較

ぴったりですね。白銀比は大和比とも呼ばれ、日本人に好まれる比率と言われています。A4 用紙など、紙の寸法でもおなじみです。
マスコットやキャラクターのデザインに使用するとかわいらしく仕上がるそうです。フェンリルくんの妙なかわいさの秘密は白銀比にあったのかもしれません。

フェンリルのトップページ

上段が黄金比(5:8)の長方形2つ
中段が白銀比(大和比 5:7)
下段は白金比(4:7)でしたが、内容によって縦に可変するようです。

黄金比や白銀比を取り入れた Web ページでは一般的ですね。
ちなみに宣伝ですが Web ページをキャプチャするには是非 SnapCrab をご利用下さい。縦長のページでもスクロール不要で一気にキャプチャできます。

SnapCrab for Windows – マウスひとつで、即キャプチャ。

黄金比シェイプの良い点

・比較、分析が楽
・いつも使っているツールなのですぐに取り出せておっくうにならない
・リサイズが自由
 (近似値で作成している上、枠線のピクセル分誤差が生じるため精密さはありません)
・回転も自由、反転も自由
・シェイプなのでそのまま使用できる

適度に気楽に使えるので重宝しています。
シェイプは自作しても良いですし、Web で公開もされているようです。(ライセンス等はリンク先でご確認ください。)

7 Composition Rules as Free Photoshop Shapes and Vector Elements | Artention

Adobe – Photoshop Custom Shapes

興味を持たれた方はお試しください。

ソーシャルアカウント

フェンリルの開発者アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新開発情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

 

Facebook コメント

コメント

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。