フェンリル

Developer's Blog

【追記/重要】 Sleipnir for Windows 4.0.1 と 2.9.16 をリリースしました ~ 少しだけ Blink エンジンについて

Sleipnir 4 for Windows リリース!

Windows グループの大倉です。

本日、Sleipnir 4.0.1 と Sleipnir 2.9.16 をリリースしました。

Sleipnir 4.0.1 に関しては、前回のリリース以降に報告された問題や、過去に報告された問題の中で現象が再現できたものを修正しています。 それ以外には WebKit エンジンとのプロセス間通信に関する調整をおこなった結果、タブ切り替え時の反応が若干ではありますが向上しています。

・Sleipnir 4 for Windows をインストール

Sleipnir 2.9.16 に関しては、メモリ使用量が増えると Sleipnir の動作が不安定になったり、フリーズする問題の微調整と、Internet Explorer 10 を導入している環境で産経 MSN のページを開いたときにフリーズする問題の対策をおこなっています。

・Sleipnir 2 for Windows をインストール

追記/重要: Sleipnir 4.0.0 およびそれ以前のバージョンを使用されている方

Sleipnir for Windows 4.0 およびそれ以前のバージョンに脆弱性が報告されました。
影響を受けるバージョンは Sleipnir 3.5 ~ Sleipnir 4.0 の範囲になります。Sleipnir 2 は問題ありません。
最新版の Sleipnir for Windows 4.0.1 ではこの問題への対応は完了しています。

Sleipnir for Windows におけるアドレスバー偽装の脆弱性  (JVN#65034198)

対象となるバージョンをご利用の方は速やかに 4.0.1 へのアップデートをお願いいたします。

IE10 + Trident エンジン使用時に産経MSNがフリーズする件

問題が報告された直後から調査と検証作業とおこなってきましたが、IE コンポーネントを使用する多くのブラウザでも同様の現象が発生すること、特定の手順を踏めば Internet Explorer 10 でも発生することを確認しており、ユーザーからも同様の情報が寄せられています。この問題に関しては、現象が確認された直後から Microsoft 社のプロダクトに関する窓口と、MSN Japan の窓口に対して問題点と検証方法を報告しております。今回の Sleipnir 2.9.16 で対策はおこなっていますが、Sleipnir 4 を Trident エンジンで使用した場合でも同様の問題があります。(既に 2.9.16 と同等の対策は完了)

このような問題に対応できるように Sleipnir 4 は WebKit と Trident のダブルエンジンを採用しています。Sleipnir 4 に搭載されている WebKit エンジンを積極的に使用していただくようお願いします。

Sleipnir 2 や Sleipnir 4 を Trident エンジンで使用されている方は Sleipnir 4 の WebKit エンジンでの運用をご検討ください。(Sleipnir 2 と Sleipnir 4 は併用が可能です)

IE10 + Trident エンジン使用時に調子の悪い方

上記の問題とは別に、複数のサイトで「落ちる」「固まる」「表示が遅い」などの現象が報告されています。詳しい原因はわかっていませんが、以下の方法で改善する場合があります。

1. Sleipnir を終了してください。
2. コントロールパネル│インターネットオプションを選択。
3. 全般タブの閲覧の履歴から「削除」ボタンをクリック。
4. ダイアログの中の「インターネット一時ファイル」と「履歴」をチェックして実行。
5. 次に全般タブの閲覧の履歴から「設定」ボタンをクリック。
6. ダイアログの中の「使用するデイスク容量」の値が推奨値の範囲に収まっていることを確認。個人的な見解ですが、回線速度が著しく低い場合を除けば下限の値(50MB)が Trident エンジンの最適値です。
7. 次に詳細設定タブの Internet Explorer の設定をリセットの「リセット」ボタンをクリック。
8. ダイアログの中の「個人設定を削除する」のチェックは OFF でリセットを実行。

この手順で改善した事例が何件か報告されています。

Blink エンジンに関して

Sleipnir 4 でも採用している Chromium のレンダリングエンジンが WebKit から Blink に変更されるとのニュースで賑わっています。

ネット上でも「Sleipnir 4 for Windows は Blink を採用するのか?」という意見が聞かれるようになりました。Blink に関してはプロジェクトの進捗状況や WebKit からの変更の度合いを調査しているところです。現段階で確約できる情報はありませんが、中長期的な開発計画に対し大きな問題がなければ積極的に進めたいと考えています。

Sleipnir の詳しい修正内容はリリースノートをご覧ください。

・Sleipnir 4 for Windows リリースノート
・Sleipnir 2 for Windows リリースノート

これからも Sleipnir 4 がユーザーにとって最高の選択肢となるように開発を進めていきます。引き続き Sleipnir をよろしくお願いします。

 

【お薦め/参考リンク】

フェンリル、「Sleipnir 4 for Windows」の“Blink”エンジン対応に言及 - 窓の杜
「Sleipnir 4」にみる最新ブラウザの進化と深化 - ベクター

ソーシャルアカウント

フェンリルの開発者 Twitter アカウントでは、最新開発情報の発信や、リリース候補版の配布などをおこなっています。

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。

Facebook コメント

コメント

SleipnirのWindows版がBlinkに対応 | アプリマニア!2013年04月11日 1:31

[...] [フェンリル:Developer's Blog via 窓の杜] [...]

はるな2013年04月12日 19:45

「IE10 + Trident エンジン使用時に調子の悪い方」の方法をしてみましたが改善はされませんでした。

症状としては
・MSNニュース記事をクリックすると全く表示されず白い画面のまま
・その状態で左クリックすると白いもやのようなものがブラウザを覆い応答なしに
・次にブラウザを閉じようとxをクリックすると応答していないと出た後原因を探す
・しばらくするとブラウザが閉じる

IE10ではこのようなことは一切出ませんので、やはりSlipnirが原因と思います。

切に対処の方よろしくお願いします。

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。