フェンリル

Developer's Blog

クラウドツールとして Google ドライブをこう使いたい!

こんにちは。プロモーション担当のきたおです。

今日は楽しみにしていた Google ドライブのサービスインがあったのですが、まだ殆どの人がアカウント ON になっていない様ですね。そして Google ドライブの動画を見ても肝心のサービス画面は一切表示されていないので、期待と予想をおり混ぜつつ『クラウドツールとして Google ドライブをこう使いたい!』をエントリーしてみました。

最近、私の様に MacBook Air に乗り換え虜になっている人の多くは HD から SSD になった途端、快適な速度と引き換えに少ないストレージを最大限に活用しながら Dropbox や Evernote を始め各種クラウドサービスを活用している人も多いでしょう。そしてやはり後発とはいえこの Google ドライブに期待も寄せていると思います。

そこで私のクラウドツールの活用方法と、今回 Google ドライブに期待する機能をご紹介したいと思います。ちなみに私は有料サービスを積極的に利用する代わりに、極力自宅の NAS や HD を減らしコスト面よりもデータの安全性を大事にしています。幾度となく HD を消去した苦い経験がバックアップ環境やデータ保管にはコストを惜しみなく使う様にさせるのです…

パソコンの利用環境はもちろん人によって千差万別ですが、私の定義する巨大データ三種の神器は『音』『写真』『書籍(マンガ)』と勝手に定義しています。映像がここに含まれて居ないだけまだマシなのですが、快適に趣味をパソコンに活かすとどうしても膨らんでしまうのがこの3つ。逆に言うとこの3つを快適に取り扱う事が、快適なクラウドライフへの近道なのでは無いでしょうか?

写真データがとにかくデカい。だからPicasa

Macなので写真は iPhoto で管理しています。そこから Picasa Web Albums Uploader を使えば iPhoto からいとも簡単に Picasa にデータをアップできます。(※現在のiPhoto’11では少し工夫が必要。もちろんMac 版のデスクトップ版 Picasa を使ってアップロードも便利です)

Mac の容量が少なくなってきたりしたら Picasa に写真をアップロードをする。ここで潔くローカルの写真は削除します。HD や DVD のメディアにも保存しません。この潔さが簡単にクラウドを活用する工夫だとも思っています。ちなみに現在は Google Picasa に 80GB の有料版を契約しています。

音楽データがとにかくデカい。だからDropbox

巨大な iTunes の音楽データもできる限り聴かない音楽は潔く削除。買えば手に入るデータに固執していてもデータは増えるばかりなので、ここにも潔さが必要ですがどれだけ絞っても私は 20GB になってしまいます。アメリカであれば Apple の iCloud のサービスである iTunes Match で音楽データもクラウド化出来るのですが、日本はまだサービスインが未定。

なので取り敢えずの対処としてDropboxの有料版で50GBに拡大した領域に iTunes のライブラリを移動させて、Dropbox 内に全ての音楽データを保管しています。

電子書籍化した書籍や漫画データがデカい。ここをGoogleドライブに期待!

BookScanさんのサービスで書籍は可能な限り電子化しています。BookScan さんのアプリなんかでも管理出来るのですが iPhone、iPad 、Android と端末が増えて行くとどの端末でも気が向いた時に書籍データをダウンロードしてきて読みたくなるものです。

名作マンガなんかをガンガン電子化していくウチに容量は120GBを超えて、ローカル環境に保存しておくには巨大過ぎるんです。そして Dropbox に保管するにもいくら何でも巨大過ぎるし、Dropbox はそもそもローカルデータと「同期」を目的としているので基本的にローカルに同じ容量を確保するのが前提になるので、クラウド上に保管出来ても容量節約には効果がありません。

書籍やマンガは音楽同様に読みたくなった時にはいつでも読めるように、自宅の本棚を全て持ち歩く様な感覚でせめてオンライン上でデータを保管したいんですよね。

そこで登場するのが今回の Google ドライブ。ドライブというぐらいなのでオンラインストレージとしての活用にも期待が高まります。とにかく何とかして欲しいのが「転送速度」これに尽きます。さてさてサービスインしたら早速巨大なマンガデータをアップロードしてみたいと思っていますが Dropbox や SugarSync なんかとの速度比較が気になるところですねー。

そもそも Google ドライブがアプリケーションタイプで提供されるのか?それともドライブという名の通りPCのドライブとして利用できるのか?世界最大の Google データセンターのパフォーマンスに期待しましょう!

と、Google ドライブさんの話をしてきましたが、フェンリルにも無料のクラウドサービス、Fenrir Pass があります!現在はブックマークの同期のみですが、今後は様々な Web サービスとの連携をはかり、皆様のこう使いたい!を実現できたらいいな、と思っています。

ぜひぜひ今後の Fenrir Pass にご期待ください!

 

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

Facebook コメント

コメント

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。