フェンリル

Developer's Blog

Web サービス連携を実現する Fenrir Pass Connect の開発ではまった OAuth 認証の落とし穴

WebDevBlogTitle

こんにちは。Web 担当の真谷(シンガイ)です。

先日、Fenrir Pass Connect の概要についての記事にも書いていましたが、数多くのウェブサービスとの連携機能を実現しています。

今回は Fenrir Pass Connect 実装にあたって躓いた点についてご紹介します。

Fenrir Pass Connect

Fenrir Pass Connect で対応している Web サービスは OAuth 認証を用いてサービスの連携を実現しています。

各サービスに利用申請をして認証の実装をする形なのですが、以下の2点に躓きました。

OAuth 認証を使用する際の申請

個人的には一番これが苦労した気がします。例を上げると…

  • 開発者用・本番用が分かれており、本番用ステータスはサービスがある程度出来た状態で申請しなければならない
  • 利用申請後、使用できるまでに時間がかかるサービスがある

殆どのサービスが利用申請してすぐに使えるようになるのですが、上記のような申請があったりして尚且つ申請は英語でするパターンが殆どで、これはどういうサービスでどうやって使うかなどの説明に頭を悩ませました。

認証方法の差

OAuth という共通仕様が策定されているものではありますが、サービスごとに差があったりします。
認証時の返却された値に差異があり、どう上手く一元化するかは非常に困りました。

OAuth 2.0 での認証をするサービスは特に顕著で、認証問い合わせ・返却された値などの差があるサービスがありました。

上記の問題は対応サービス拡充に際しても付きまとう問題です。適切に対処し、他のサービスを素早く導入出来る様に対処をしていきます!

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

フェンリルの開発者アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新開発情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

Facebook コメント

コメント

名前(必須)

メールアドレス(必須)

URL

スタイル用のタグが使えます

このコメント欄でのご質問、ご要望には、開発チームから回答できない場合があります。ご質問、ご要望は「User Community」内のフォーラムまでお寄せください。