Developer's Blog

グッと来た IT 関連書籍をまとめてみた

Fenrir Advent Calendar 2015

こんにちは。ウェブ共同開発部エンジニアの有田です。

この記事は Fenrir Advent Calendar 2015 の 18日目の記事です。

自宅から電車で通勤していますが最近その合間に本を読む機会が増えました。「2015 年にグッときたコレ」を紹介するということで、今回は私の 2015 年にグッときた IT 関連書籍を紹介します。

ドラッカーさんに教わった IT 技術者が変わる 50 の習慣

こちらは「IT エンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書大賞」のビジネス部門でベスト 10 に入った本なので手に取ったことのある方もいるのではないでしょうか。

タイトルにもあるドラッカーのお話ですが、要所要所にしか出てこないのでドラッカーと聞いて身構える必要もありませんでした。元々のドラッカーの書籍は IT 技術者の方には少々とっつきにくい部分があるかと思いますが、こちらの本ではIT 技術者としてこうなっていくべきという説明の際に少し出てくる感じです。日々の仕事をしていく上で、意識していきたいことが多く書かれていてグッときました。


ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

知らない人はいないのでは?と思うくらい Web 界隈で有名な良書です。特定の言語に関するテクニックなどはほとんどなく共通で使えるような話題をピックアップして取り上げてくれています。

本の中で私がとてもグッときたのは、「第三者が読みやすいコードは、未来の自分が読みやすいコードでもある」でした。たしかに久々に見た時に何を考えて作った分からなくなってしまうことがありました…。これから書くコードは学んだことを活かしていきたいと思います。


リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

部内でグッときた IT 関連書籍

今回グッときた IT 関連書籍について紹介していますが、部内でもどのような書籍にグッときたのかについて聞きました。その一部を部内の声と共にご紹介します。

Rubyのしくみ – Ruby Under a Microscope

  • 2014 年発売だけど今年読んでグッときました。
  • 言語処理系の世界はワクワクです!

Ruby についての知識がなくても仕組みを理解することができる Ruby を知りたい人に最適な一冊です。


Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-

メタプログラミング Ruby 第2版

  • Ruby / Rails の “黒魔術” を習得するにはかなりの良書!!
  • 5年の時を経て第2版が出たのでこれはぜひ!

話を聞いたところ、島根支社のエンジニアは大半読んでいるはずとのことでした。



メタプログラミングRuby 第2版

パーフェクト Ruby on Rails

  • Rails やっている人なら知っているかもですが、おすすめの良本です!

Ruby や Rails に関する基本的なことから書かれていて、初心者から中上級者までをカバーした書籍となっています。


パーフェクトRuby on Rails

裏口からの C# 実践入門 ~バッドノウハウを踏み越えて本物へ!!

  • アンチパターンから学ぶという切り口が面白い
  • C# を一通り勉強して読むと発見が多い


裏口からのC# 実践入門―バッドノウハウを踏み越えて本物へ!!

Laravel 5 Essentials

  • 初心者が触れるのに程よい情報量で、Laravel で最低限できることをざっと把握できました

Laravel の最新のバージョンは現在 5.1 ですが、来年1月に 5.1 に対応した書籍が出るようです(Laravel リファレンス[Ver.5.1 LTS 対応] Web職人好みの新世代PHPフレームワーク)。初心者から既に活用している開発者も参考になる内容が期待されているので今のうちから予約しようと考えています。


Laravel 5 Essentials

Crafting Rails 4 Applications: Expert Practices for Everyday Rails Development (The Facets of Ruby)

  • Rails の拡張について学べます
  • Rails のコアな部分についても解説があったりと良書でした


Crafting Rails 4 Applications: Expert Practices for Everyday Rails Development (The Facets of Ruby)

最後に

いかかでしたでしょうか。IT のビジネス書は今まであまり読みませんでしたが読んでみると面白くていつの間にかどんどん読み進めてました。技術書はほぼ Ruby / Rails の本の紹介となりましたが、紹介した中に気になった書籍があった方は一度読んでみてはいかがでしょうか?

 

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

Copyright © 2018 Fenrir Inc. All rights reserved.