Developer's Blog

Watch App の開発時に通知を楽に検証する方法

sample-watch-app-notification

こんにちは。アプリケーション共同開発部 開発担当の図子です。

Apple Watch いいですよね。今もさっそくアクティビティ.app を有効にしたまま、Apple Watch をつけてこの記事を書いています。

Apple Watch に通知が届くには

  • Apple Watch を身につけている
  • iPhone 側が Lock されている

など諸条件があります。これは通常の利用シーンを考えると iPhone と Apple Watch で無駄に重複して通知が溜まらないなど合理的な仕組みだと思います。しかし、Local Notification や APNs を利用した Watch App の開発中にはこれって結構面倒くさいものです。

そこで今回は開発時にもう少し楽に検証できる方法をお伝えします。

Wrist Detection (手首検出) をオフにするだけ

iPhone 上の Apple Watch.app を開きます。

マイウォッチ > 一般 > 手首検出

デフォルトでオンになっていますが、これをオフにするだけです。これで Apple Watch を装着していなくても通知の動作確認ができるようになります。

wrist-detection

まとめ

ちょっと Tips でした。たったこれだけの設定ですが少しでも開発がスムーズにすすめばいいなと思います。

Copyright © 2018 Fenrir Inc. All rights reserved.