Developer's Blog

Apple Watch 実機でアプリの動作確認をする方法

apple_watch_01

こんにちは。アプリケーション共同開発部 開発担当の図子です。

ついに届きました Apple Watch ! 届いた Apple Watch を拝みつつもささっと Apple Watch を iPhone とペアリングした開発者のあなた。Apple Watch も iPhone と同様にデバイス登録が必要なのです。今までシミュレータでの開発でやきもきしていた気持ちをいち早く解消するために、Apple Watch 実機で動作確認をする方法をご紹介します。

1. ペアリング済みの状態で iPhone を Mac に接続

普段 iPhone アプリ開発でやっているのと同じように iPhone を繋ぎます。

2. Xcode の "Devices" で接続した iPhone を選択

Xcode の メニュー > Window > Devices を開いて Devices ウインドウを開きます。開いたら左ペインの "DEVICES" セクションから接続した iPhone をクリック。

apple_watch_02

3. iPhone の Device Information の下に…

iPhone の Device Information の下にペアリング済みの Apple Watch のデバイス情報が表示されます。あとはここから Identifier をコピーして、iOS Dev Center に iPhone と同じように UDID を登録してプロビジョニングプロファイルを更新するだけです。

apple_watch_03

まとめ

Apple Watch と直接接続する方法がないと思っていたらこんな方法でデバイス情報をみられるんですね。気になることは他にもたくさんありますが、まずはやっと手に入れた Apple Watch を触り倒して新しいアプリのアイディアでも考えてみたいと思います。Apple Watch の基本的な使い方は Apple から 『Apple Watch ユーザガイド』が公開されているので、そちらもじっくり読んでみようと思います。

Copyright © 2018 Fenrir Inc. All rights reserved.