Developer's Blog

Linux でのインストールを改善した BoltzEngine 1.3 をリリースしました&キャンペーンまもなく終了!

BoltzEngine

こんにちは。BoltzEngine 担当の伊藤です。

本日、BoltzEngine 1.3 をリリースしました。今回のリリースでは、Linux 版インストール時のいくつかのわかりにくい点を改善しました。

BoltzMessenger が SELinux に対応

BoltzMessenger-Poster-500

BoltzEngine に標準で添付されるリファレンスサービス「BoltzMessenger」は基本的な管理画面と送信機能を提供し、インストールするだけ、アプリ側も SDK の導入でプッシュ通知をすぐに実装できます。

Linux を特にセキュアに運用するために、SELinux を設定されているところもあると思いますが、これまで、BoltzMessenger では、独自にポリシー設定をしていただくか、SELinux を無効にした状態でご使用いただく必要がありました。このたびのリリースでは SELinux ポリシーの RPM パッケージをご用意しました。BoltzMessenger とあわせて導入いただくことで、SELinux 環境下でも追加の設定なしに動作するようになります。

その他の変更

これ以外にも以下のような点を改善しています。

  • boltz status コマンドや QueryActivities API で取得できる実行情報から、実送信メッセージ数を確認できるようにしました。
  • BoltzMessenger Gateway サービスの出力するログを強化しました。
  • BoltzMessenger Admin の設定が誤っているときのエラーメッセージがわかりやすくなりました。
  • GCM の送信をチューニングしました。
  • その他の不具合を修正しました。

キャンペーン終了のお知らせ

BoltzEngine はキャンペーン価格でご提供してきましたが、7 月末日をもちましてキャンペーンを終了いたします。

boltzengine_price_20160616

ですが、7 月末日までにお問い合わせいただいていますと、期限を過ぎてもキャンペーン価格適用でご案内させていただきます。迷われている方がいらっしゃいましたら、この機会にぜひお問い合わせください!

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

Copyright © 2018 Fenrir Inc. All rights reserved.