Developer's Blog

try!Swift にまさかあの人が

adventcalendar2016_04

こんにちは。アプリケーション共同開発部 開発担当の図子です。

Fenrir Advent Calendar 2016 の 4 日目の記事です。今日 12 月 4 日は私のフェンリル入社日です。iPhone 3G が発売された 2008 年に入社したので丸 8 年がたちました。これからもよろしくお願いいたします。

今年も昨年に続いて WWDC に参加しましたが、そんななか今年の「グッときたコレ」は try!Swift への参加です。

try!Swift ってなに?

今年の 3 月 2 日(水)から 3 月 4 日(金)に東京で開催された国際的な Swift に関するカンファレンスです。詳細は宇佐見がブログに書いていますのでそちらを参照ください。

このカンファレンスがアナウンスされたときは初めてのイベントということで、「いったいどんなカンファレンスになるのだろう?」「規模感はどのくらいになるのだろう?」と思いました。しかし、登壇予定のメンツをみると iOS 界隈のエンジニアであれば誰もが1度は GitHub や Twitter、著書等で見るような著名な方々がいました。

当時はまだ担当プロジェクトで Swift を使っていなかったので深掘りすることはできませんでしたが、セッションの間の休憩時間などを利用して海外のスピーカー陣とも会話する機会がたくさんあり凄く刺激をいただきました。

サプライズ

会期中に Speaker Dinner と呼ばれる関係者だけのパーティーがありました。スポンサー枠で参加していたので私も会場にいたのですが、Objective-C 時代から iOS アプリを書いていたら必ずと言って良いほどお世話になったライブラリーの作者とたまたまお会いすることができました。予測していなかっただけに最高にグッときました。写真も取らせてもらったので昨年と同じように写真を貼りたいところですが本人から NG が出ているので今回は自粛します。

来年

try!Swift は来年も 3 月 2 日(木)から 3 月 4 日(土)に開催されます。

今年も以下のような豪華な顔ぶれが東京にやってきます。

私も参加する予定ですので会場で見かけましたらぜひ気軽にお声がけください。

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

Copyright © 2018 Fenrir Inc. All rights reserved.