Developer's Blog

Internet Explorer 6 環境で強制終了する問題に関して 続報

【2007/12/21追記】
Microsoft 社から正式に対策パッチが公開されています。最新情報は以下を参照してください。
Internet Explorer 6 環境で強制終了する問題に関して 続報 その 2


フェンリル開発担当のタクヤです。
urlmon.dll が原因で Internet Explorer 6 がクラッシュする問題への対策方法が、Microsoft 社から発表されました。(発生していた問題の詳細はこちら
Internet Explorer 6 crashes after you install security update 942615 on a computer that is running Windows XP Service Pack 2
12/12 以降に Windows Update を適用してから、「コンポーネントが原因で、Sleipnir / Grani は動作を停止しました」とのダイアログが頻繁に表示される、Sleipnir / Grani / Internet Explorer 6 が突然終了してしまう現象が発生しておられる方は、これらの修正を適用することで、改善いたします。
この問題は、Sleipnir / Grani だけでなく、Internet Explorer 6 の動作にも影響していますので、Windows XP SP2 環境で Internet Explorer 6 をご利用しておられる方で、同様の問題が発生しておられるかたは、ご確認頂ければと思います。
この修正(KB946627)を適用するための .reg ファイルを作成しました。
KB946627.reg
※上記 reg ファイルの利用に関しては、自己責任でお願いいたします。
なお、レジストリの変更に失敗すると、OS自体を破壊する等、回避できない問題が発生する可能性もありますので、くれぐれも慎重に作業を行って頂きます様お願い致します。

【適用方法】
(1)上記 URL を右クリックし、『対象をファイルに保存』を選択、保存してください。
ie6_sc_01.png
(2)保存したファイルを右クリックし、メニューより『結合』を選択してください。
ie6_sc_02.png
(3)レジストリエディタの確認画面が出ますので、『はい』を選択してください。
ie6_sc_03.png
※レジストリ変更を全ての Internet Explorer、Trident エンジン(IE コンポーネント)に反映させるため、コンピュータを再起動することをお勧めいたします。

Copyright © 2018 Fenrir Inc. All rights reserved.