Developer's Blog

ペンタブレットってすごくいい!

こんにちは、デザイナーの本下です。

いきなりですが、みなさんはPCを操作する時、やっぱりもちろんマウスですか?
私、いかなるときもマウスの代わりにペンタブレット…「ペンタブ」派です。

ペンタブって絵を描くためのツールじゃないの?
絵描かないのでマウスでいいよね?
そもそも「ペンタブ」とはなんぞや?
という方もおられるかもしれませんので、参考までにいちユーザーとして
超便利&効率UPツールである「ペンタブ」をご紹介したいと思います。

ペンタブって?

基本的には”板タブレット”といわれるものをペンで操作します。
この板が、板ではなく液晶になった物を”液晶タブレット”と言います。某iPadみたいなものですね。
目の前にPCのディスプレイ、手元にそのディスプレイを小さくした板があるとイメージしてください。
あとは板の上でペンをすべらせるだけ。
マウスのように端から端へカーソルを移動するときに、何度もカチャカチャとマウスを持ち上げる必要はありません。
手元の板の端から端がディスプレイの端から端です。

ペンタブのペンは筆圧も感知するので、筆先の太さや濃淡を滑らかに変化させながら描写できます。
お絵かきにも最適ですね!

また、ペンのサイドについたボタンでクリック操作が可能です。
マウスで操作することに比べ、滑らかに繊細にカーソル移動が可能です。

といった感じでマウス機能はしっかり網羅しつつ、さらにペンタブではそれ以上の細かい操作が可能なのです。

板のサイズも様々で置くスペースに合わせて選べます。オススメはMサイズです。

 

はじめは嫌なやつ → なくてはならない存在に。

私自身、学生の頃はじめてペンタブに触れる機会があり、実際に課題などで使用しました。
当時の感想としては…思うように操作できないので30分もせず使い慣れたマウスに戻りました。本当にイライラしました。二度と使わないと思ったほど。

その後晴れて、社会人になり、1社目がキャラクターやイラストを主に制作している会社で、まさかの入社早々マウスは没収。
ペンタブを渡され、強制的に使用することになりました。悪夢の日々…思うように動かないもどかしさ…
でもそれしか手段がないという環境になると、人間とは不思議なものでわりと適応していきます。
そして2週間後にはもうマウスには戻れないようになりました。

「一瞬使ったけど合わなかった」みたいな話を周りでもよく聞きます。
でもペンタブには慣れが必要で、一瞬ではペンタブの良さは理解できないと思います。
むしろ一瞬の使用では、マウスに慣れてしまっているせいでとっつきにくさが強く出ます。

もし嫌いになりそうでも諦めないでください。
きっと数日後には大好きになります。

 

ペンタブの好きなところ。

・マウスよりも使いやすく作業を効率的に進めることができる。
・かちゃかちゃとマウスを操作するわずらわしさがない。
・ペンを持ったまま両手でキーボード操作もでき、便利。
・作業音が静か。
などなど、挙げればきりがないですが個人的には手を休めることなくサクサクと仕事ができ、とても効率的だと感じています。
気になるところがあるとすれば、PCと自分の間にタブレットを置く必要があるためそれなりのスペースが必要なところでしょうか。

 

使える機能の紹介(WACOM INTUOS Pro)

・タッチ操作
最近のペンタブは、タブレット(板)自体がタッチ操作できるようになっていてクリックやピンチイン/ピンチアウトなどが簡単に行えます。ツールを持ち変えることなく片方の手を使って素手で操作を行えます!
(実は私自身、最近WACOMの新型INTUOSを使うようになって、この機能に歓喜しているところです。)

・ファンクションキー
こちらは以前から搭載されている物理キーです。
いろいろな機能を割り当てられるボタンが用意されています。よく使う機能などがあれば便利ですね。
ボタンとは別に、タッチホイールも搭載しています。

・ワイヤレス
こちらも少し前から搭載されたかと思います。
有線 → ワイヤレスキット別売 → キット同梱と進化してきました。
やはりパソコン周りはどうしても配線が多くなるので、ワイヤレス対応や充電式になってくれるのは嬉しいところです!
ただ、充電時間の短縮 / 連続使用時間の改善はしてほしいところです。

 

おまけ

・ペン先もいっぱい
タブレットを操作するペンはどうしても使用しているうちに摩擦でペン先がすり減ってきます。
ペン先に違和感を感じたら交換が必要です。
でも大丈夫。様々な種類 / 色のペン先が初めから付属しています。
しかも、ペン立てに美しく収納されています。あっぱれ。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
PCにははじめからマウスがだいたい付属しているので、PCの操作=もちろんマウスみたいなところがありますよね。
またクリエイティブな仕事をしてる方でなければ、わざわざペンタブを購入する方もそんなにいないじゃないかなとも思います。
でも一度ペンタブに慣れてしまうと、マウスとはなんだったのか?と思うほど快適で、操作がスムーズです。

初心者ツールではなさそうに見えがちで、使いはじめこそ慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、やはりペンを握る感覚はマウスを転がす感覚よりもなじみがいいように思います。

一度、お試しください。
そして2回くらいは挫折しそうになっても強制的に無理やり使い続けてください。
きっと2週間ぐらいでその魅力に気づき、ひと月も経てばもうペンタブレットなしでは生活できなくなると思います!!

 

フェンリルのオフィシャル Twitter アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

Copyright © 2018 Fenrir Inc. All rights reserved.