Developer's Blog
AWS

AWS re:Invent 2017 にやって来ました!


こんにちは。ウェブ共同開発部の木村です。

明日から始まる re:Invent 2017 に参加するため、私と野田の2名でラスベガスへやって来ました!

Google IO, WWDC に続き今年最後となる海外カンファレンスの現地レポートをお届けします。

re:Invent 2017

今年の re:Invent には世界中から 40,000 人、日本からも 1,000人 以上が参加し、
セッション数は昨年のなんと 10 倍となる 1,000 セッション以上!会場となるホテルも昨年の3ヶ所から6ヶ所へとこれまで以上に規模が大きくなりました。
例えるなら、東京ビッグサイト規模の大きな会場が6ヶ所点在しているイメージです。
開催期間中は移動距離も日本にいる時に比べて格段に増えそうです。

期間中はセッションを始めとして、ハンズオンや大食いチャレンジを始めとした様々なアクティビティが用意され、
さながら AWS ユーザのためのお祭りといった雰囲気です。

我々は、re:Invent が開催されているホテルに宿泊していますが、部屋と会場を行き来するためには、必ずカジノの中を突っ切っていかなければならないあたり、さすがラスベガスという感じですね。
(残念ながらカジノの様子は撮影禁止のためお届けできず。)

気になるお土産は

先ほど、今年はどんなお土産をもらえるのかワクワクしながらレジストを済ませました。
そして今年もらったお土産がこちら!

この通りシンプルなパーカー1枚手渡されておしまいでした。
去年はいけてるパーカーと Amazon Echo Dot はあったことを考えると肩透かしを食らった気分です。
が、その分5日間のイベントでたくさんの知識や経験をゲットして来たいと思います!

明日から

re:Invent 2016 でも 20 を超える新サービス・新機能が発表されましたが、今年は一体どんな新サービスが発表されるかワクワクしています。
昨年を超える規模で何かが発表されそうな雰囲気はひしひしと感じ取れるため、今からとても楽しみにしています。
桁違いの規模に圧倒されっぱなしの初日でしたが、明日から始まるイベントに備えるため今夜はゆっくり休みたいと思います。

フェンリルの開発者アカウントでは、フェンリルプロダクトの最新開発情報などをつぶやいています。よろしければフォローしてください!

Copyright © 2018 Fenrir Inc. All rights reserved.